スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆朝からバタバタ~家族から必要とされることって…

この一週間、山陰地方も氷点下の日々が続き、
確実に去年の冬より寒い冬になっています…。
先日の仕事での外出も無事終わり、
今週はこのまま冬籠りしようかな…と思っていたら、
昨日は朝から、家族の要請でバタバタ…。

まず、施設に入居している実母から、
「食パン持ってきて~」とのん気?な電話があり、
それと前後して、離れて暮らす息子から、
「ここ一週間分くらいの新聞を送って~」という
意味不明のLINEが入り…

なんなの?私って。。。

と一瞬ガッカリした。
折しも、今朝のNHKで、「専業主婦と家事手伝い」という名の
ひきこもり、という特集をやっていて、
外に出て働いていない人が何か十分でないかのような報道に、
ちょっとイラッときていたので、実母と息子の件に
必要以上に気持ちを荒立ててしまった。

母には電話で、自分が道楽で食べる物が欲しいために、
娘が雪道で車で出かけるのを何とも思わないのか、
私が交通事故を起こすことと、自分が欲しいものを届けさせるのと
どちらが大切なのか、ほんとに私のことを大切に思っているのか!
…とすごんでしまった…ーー;

落ち着いて考えれば、すぐに行けないにしても
適当に流して、行けるときに行けばいいだけの話なのに。。。

息子には直電話したけれど授業中だと出てもらえず、
LINEで詳細を聞いたけれど、なんか、いつもは邪険にされてるのに
こういうときばっかり使われて…><;と悲しくなってしまった。

それでも、かわいい息子の頼みなので、引き受けて、
なるべく早いほうがよいと思い、他の用事を後回しにして
雪の中、宅急便で送ったのだけど…。

そして、逆切れして電話を切られた母のところにも、
なんで私が…と思いつつ、結局食パンとお菓子を買って
届けたんだけれど…。

なんか、むなしい…;;;
結局、姉も言っていたけれど、仕事で接するお年寄りは
いつも「ありがとう」と言ってくれて、態度も穏やかで
しかも仕事だから、お金ももらえるわけで、
そして社会的な地位も確保できる。

しかし、家族、と言う名のもとに、愛情という絆で
提供する行為は、お金という見返りも、感謝、という
精神的な見返りもなく、加えて、社会的には、
何の価値もなく、むしろ「ひきこもり」というレッテルを張られ、
あげくに、外で稼いでくる人に比べて一段下に扱われる。

そのくせ、これからの介護や医療は「家庭の中で」担えという。
…誰が担うの…? 外で働くほど能力のない誰かが
やればいいんだよ、とこういうことなのでしょう。

悔しすぎる。。。

そして何より嫌なのは、世間一般がそう見ているだけでなく、
家族の中でもヒエラルキーがあって、
「外で」働いている人は、その「家庭の中」の仕事を
免除されてしかるべき、と家族自身も思っていることだ。

これは被害妄想でもなんでもなくて、
実際に、介護や医療の現場で、「家に居る」というだけで、
その担い手とみなされて、他の家族も、お役所も、
施設職員でさえ、当然のごとく仕事をふってくる。
どうせヒマなんでしょ? だったらやるべきよ、と
言葉に出してそれに近いことを言われたこともある。

タダでやってほしいなんて言っていないのに、
「家に居る」ならできるはず、やるべきだ、という
世間の圧力、家族の感情が、一番、介護を苦しくしている
ということが、どうしたら分かってもらえるのか。

まあ、これを決めているのは、フルタイムで働いて、
それなりに高給をとられている役人なのだから、
能力のない主婦の気持なんて分からないし、
分かりたくもないのだろうけれど。。。

息子のことは、分けて考えるべきなんだろうけれど、
息子だって、いつかは自分の家庭を持つ日が
来るのかもしれない。

そんなとき、自分の家族に(妻になる人でも、
そのほかの人でも)、みんなで分け合うべきことを
一方的に押し付けて当然だと思う人にはなってほしくない。

逆に、分け合うべきだといって、抱えられる以上に
息子が押し付けられて、苦しい思いもしてほしくない。
フェアな関係、フェアな感覚、分かち合う気持ちを
正当に身に付けてほしいと思う。

それなら、今、私が息子のためにやっていることは、
もしかしたら、長い目で見たら、息子のためにはならないこと
なのかもしれない。

少しずつ、いろんなことから手を放して行く時期に
来ているきがする。
家族のことも、自分の感覚で、もっと変えていっても
よいのかもしれない。



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

タグ : 日々のすごし方

◆子どもたちの笑顔は、天使。。。

一昨日からの寒波で、昨日も朝から吹雪でしたが、
かねてからの予定で、養護学校の校外学習のお手伝いに
出かけてきました^^/

車でも行けるし(予行演習した^^)、バスの時間や乗り換えも
確認済みだったので、吹雪でも比較的安心?して出発できた。
結局、一日氷点下で、積雪は少なくても、アイスバーンで、
逆に車は危険だろうと判断して、バスで行くことにした。

家からバス停までの時間も(20分くらい)計算していたので、
ちょうど良い時間に着くこともできたのだが、
悪天のせいか、乗る予定のバスが10分くらい遅れたので、
「もしかして、間引き運転? 事故でもあったのか…?!」
と例によって、ちょっと動揺したけれど、別のバスで乗り継いで…
とスマホで調べようとしたところで、無事バス到着。

こんな雪なのに、バスはガラガラで、
多くの人が車で出かけたのだな…と、冬はそこそこの悪天の
この地方の人の逞しさをあらためて感じた。
やっぱり、若い時に都会で楽したせいか、
車の運転は苦手です><;

そして、現地に着くと、まだ私しか来ていなかったので、
カギをもらって、実習の設営を一人でコツコツと。
…嫌いじゃない、この感じ!

大勢でワイワイ、あーでもないこーでもないと、
共同作業するのが好きな人もいるけれど、
私には無駄な時間のように、いつも感じてしまう。
こんなのひとりで十分だわ…まあ、規模にもよるのでしょうが。

…やっぱり勤め人は無理だな、と感じるのがこんな瞬間。
もしお勤めするとしたら、自分で決めて動ける仕事でないと、
私は決して動けないだろう。忖度もできないし、
ほんとに意味があると思ったことしかできないから…><;

でも、昨日、障がいのある子どもたちを見ていて思った。
ほんと、天使だ。
ビーカーに水を注ぐだけで、手を叩いて笑ってくれる。
こんな子どもがいるだろうか…。

もちろん、毎日の生活の中での心身の介助をするご家族は、
日々の介助のたいへんさもさることながら、
今後、子どもとともに歳をとっていく自分やその他の
家族のことを考えると、物心両面での不安は大きいと思う。

学校があるうちは、公的な機関もある程度、補助してくれるけれど、
それ以降は?…社会、地域で安心して暮らしていけるシステムが
あるのだろうか…。
介護といっしょで、家族が世話するのがあたりまえ、という流れが、
お役所主導ですすんでいるのではないか…そんな気がする。

誰もが、そういう可能性があるからこそ、今、困っている人、
助けがいる人を、みんなで支えられるシステムが必要だし、
それは税金で食べている人の、大切な仕事だと思う。

で、私は何ができるんだろうか…こういうボランティアしか
出来ていない自分を歯がゆく思った。
私が「天使だ~」と感動することは、立場が変われば
ちょっとイラッとしてしまう「他人事」な感想だろう。

「そんな悠長に感動できる自由があって、いいね」
と思われるだけかもしれない。

何か、いいことが自分の手でできないか…。
そういう思いが残った、昨日のお仕事でした。。。



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 働き方 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 仕事

◆明日のことを考えるとちょっと怖い…大雪!

今週はまたやってきますね~この冬一番らしい、大寒波!!
いつもなら、そういうときは、お家でしけこむのですが、
そうもいっておられず…><;

水曜日、一番荒れそうな日に、めずらしく仕事が入り、
車で出かける予定…しかし大雪になれば、
バスで出かけなくては~バスが動かなければ、
もうアウトなのですが…歩く?!

いつも行かないところなので、一応、車で予行練習したら、
少し落ち着けた。バスの時刻表も確認。
普通の降雪なら大丈夫だけれど、何年かに一度の大雪だったら…
やっぱりアウトだな…ーー;

なので、明日、バスでも行ってみようと思います。
無駄になることを願いつつ…。
心配なことを一つ一つつぶしていかないと、前へ進めない私。
でも、東大を首席で卒業した山口真宙?さんも、
受験にあたっては、神経質なくらい、不安要素を一つ一つ
取り除いて臨んだそうです。

本気で何かをやっている人は、周りに笑われても、
自分の考えるベストな準備をしているってことですね…。
あ、もちろん勉強の準備は一日19時間、やられたそうです…!
楽して首席、なんてありえないですね。

さて。バス利用して行ってきました^^/
順調にいけば、30分もかからないんだけど、
降雪があった場合は…読めないけれど、たぶん
故障や事故でもしない限り、1時間はかからないのかと…。

積雪なくても、早朝のスリップが怖いので、
やっぱりバスで行った方が無難かな、と思った。

また別の話ですが、このところ、明日のことで緊張しているのか、
はたまた、バイトを始めた息子のことが心配なのか、
夜の寝つきが悪い…久々のこと。
夕食後、飲んだ緑茶の影響かもしれません。
今日からは止めてみよう。

夫は隣県へ出張~こちらも雪の影響がでなければいいな…。
みなが無事で、仕事に行けて、無事に帰ってこれますように。
…普通のことが普通に実現する毎日、こんな日々で十分です。



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村



テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

タグ : 日々のすごし方

◆平穏な一日…まだ終わっていないけど^^;

週末からの晴れの日も束の間…今日からまた
雨の暗い日々が続きます><;
雨ならまだいいんだけど、これが雪になると…
あまり考えたくないですね^^;

来週半ばは、また寒波がやってくるそうで^^;
雪の心配がまだまだ続きますね…。
日頃あまり出かけない私でも、来週のちょうどそのころ、
仕事が入っていて、車を出さなくてはなりません><;

なので、今から緊張しているところ…;;
車で行くのが不安なほど雪が降った場合、
バスなどの路線と時刻表も調べておかなくては。。。

昨日たまたま見たTVで、建設会社の社長さんが
出ておられて、自分は「リスク大好き!」と話されて
いたのですが…ほんとに、人間、ひとそれぞれですね。
でもビジネスをするにあたっては、私のような、
「リスク大嫌い」な人は絶対に向きませんね…;;

というか、そもそも人生にリスクはつきものなので、
人生に向いてないってこと?!…と思ってしまいました^^;;;

ところで、センター試験の自己採点も終わり、
受験生の方は、二次試験や後期試験、私立の独自試験など
受験シーズンはこれから本番、ですね!

去年はわが家もバタバタしましたが、受験生本人に
早く次のスタートを切ってもらうためにも、
親が情報をしっかり把握して、子どもが迷ったときに
的確にアドバイスできるとよいですね^^

…去年、私自身が、時間があったにもかかわらず、
十分にしてあげられなかったので、自戒のため、
今後受験される方には、失敗して欲しくないので…。

夫の職場の同僚の娘さん、息子の出身校で、
ひとつ下の学年なのですが、センターの結果で、
当初の第一志望から、一つ下げて受験されるようで、
娘さんのメンタルもですが、イメージしていた受験地図を
修正するときは、あまり気が進まなくても、最悪の事態を
想定しておかないといけませんね;;

まあ、優秀なので、一つ下げても、世間的には別に
負けた感はないと思うのですが…。
それにしても、受験は思うようにいかないものですね。
最後は、元気で悔いなく実力が出せれば、それで十分、
だと思います。

無事?大学生になっても、まだまだ親の心配や
子の試練は続きます。
わが家の元受験生は、昨日は初バイトだったようで、
感想を聞くと、「いい感じだよー」と一言、
LINEが返ってきました^^

いろいろイメージに合わないことや、予想外のことが
あるだろうけれど、メンタル弱い母に似ないことを願います。。。

さあ、今日もがんばりましょう!



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

タグ : 日々のすごし方

◆いろいろと、私の嫌いなイレギュラーなこと><;

一昨日は久々の良い天気だったので、
今年初めてのお城散歩に出かけました^^

梅の季節には、まだ少し早かったのですが、
大分つぼみも膨らんできていてて、
春が確実に近づいていることを感じました。

「冬来たりなば、春遠からじ」
お城近くには、息子が通っていた高校があるのですが、
昨日は月曜日だったせいか、センター試験の自己採点が
終わったあとなのか、高校生のグループを
何組か見かけました。

去年まで、ここに通って勉強していたんだなぁ、
と思ったのですが、もうはるか昔のことのように感じました。
ほんとうに、子どもの成長も、月日の経つのも早いですね…。
もっといろいろとやってあげられたのでは…と
子育てに関しては後悔がつきませんが。

そして昨日は、また実母のことで、姉来訪~^^;
昼ごろから、夕方まで話しこみました…ーー;
…身内の気軽さ?か、お茶だけでおやつも出さずに
しゃべりまくり…お姉ちゃん、ごめんよ;;

結論から言えば、もっとわがままにやってもよいよね、という確認。
特に、今のケアマネが悪すぎる、という結論。
姉は、私よりも、他者に対して許容範囲が広いのだけど、
その姉をしても、「ちょっとひどすぎる」と思わせるので、
替えてもらう方向で、動いていこうと思う。

それにしても、こんな調子で、自分たちのこれからも
ずっと進んでいくのかと思うと、暗澹たる気持ちになる。
親たちのこともだけれど、私たちが高齢者になるころには、
どんなことになっているのか…。

実父母たちに唯一感謝しているのは、自営業にしては
多くの年金を父母それぞれに確保していてくれたことだ。
だから、施設職員などから見て、うちの家族は
「めぐまれている」家族、と思われているのだと思う。

それなのに、施設に入所させ、デイサービスやヘルパーをつけ、
通院にも、主な病気(母で言えば、パーキンソン)の受診以外は
(歯科医や整形外科など)ヘルパーや送迎をお願いしているのが
気に食わないのだろう。

でも、これらも施設の「好意」に甘えているのではなく、
きちんとお金を払ってお願いしたいと言っているのだ!
それが人手があるにもかかわらず、してもらえないとはどういうことなのか?
…理解に苦しむ…。

結局、「家族がいるのだから、家族がするのがあたりまえ」
という考え方なのだろう。
このままのやり方が通用するのは、私たちの代までだ。
息子の代になると、わが家は特にそうなのだが、
下手したら、(たとえば一人っ子同士で結婚したら)、
最低合計4人の介護を、二人の人間で、
負わなければならなくなる。お金も時間も!

それは絶対に無理な話だ。
で、無理になった時点で改善するのではなく、
無理だとすでに分かっているのだから、林先生ではないが、
「今でしょ!」なのだ。。。

また、お子さんのおられない方、それ以上に、
結婚されない方の老後は、誰が見るのでしょう?
個人の自覚で準備するのも限度があると思うし、
準備しても、思いがけないイレギュラーなことが
起こってしまうのが人生。

こういうこともいろいろ考えると、
義母のことも黙っていられなくて、また夫に、
いろいろ言ってしまった。
せっかく早く帰ってくれたのに、申し訳ないのだけど。

でも、もう話す時期はすぎたので、私ができることを
やっていくしかない。まずは苦手な車の運転。
週末のいつもの義母との買い物を、夫まかせにしていたけれど、
私だけのときも行けるように、実家の車庫入れをできるように
今週からがんばろうと思う。

私が運転して行ったら、義母も驚くかな…。
いずれは、義母の病院のつきそいなども、
できるようにしておこうと思う。

さて。来週はまたアロマ講座もあるので、
私の嫌いな?イレギュラーなことが起こっても、
対処できるよう、なにごとも準備、準備だ!



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

タグ : 実親の介護 義理親の介護

◆久々に仕事モードの週末でした…^^;

あっという間に新年も2週間が経ち、
この週末は大学入試センター試験でしたね…^^;
受験生のみなさん、ご家族のみなさん、
たいへんお疲れ様でした…。

去年はわが家も一名受験生がいて、
バタバタ、イライラ、フワフワの時期だったと思います。
…一年前のことなのに、すでにはるか昔の出来事のような…ーー;
ほんとに、のど元過ぎれば…のわが家です。

土曜日は久々に(笑)アロマの資格講座の仕事があり、
初めてお会いするゲストの方に、午前、午後と
ハードな資格講座をさせていただきました。

いつも思うのですが、アロマの仕事は、このような講座も
そしてもちろんトリートメントサロンも、サービスを提供する
仕事なのに、終わってみれば、教えたり施術したりする
こちら側が、得させてもらうもののほうが大きいのです。

講座の生徒さんからは、ご自身の仕事のこと、
子育ての事など、その方にしかない貴重な経験を
教えていただいたりして、ほんとに、
一つの決まった正解はなくて、いろいろな道が
あるのだなぁ、と感心することばかりです。

どうしても、自分自身の仕事や子育て、そのほかの
生活のこまごましたことの決断でも、
せっぱつまったときほど「このやり方しかない」、
「これしかない」と視野が狭くなりがちです。

もちろん、個人差はありますが、同じ一人の人のなかでも
自分一人、家族の中だけで、物事を決めたり、
実行したりするときより、第三者や公的な機関や人に
話を聞いてもらうだけでも、違う決断や解決方法に
たどり着ける場合があるのはたしかなようです。

私はたぶん…平均よりも、視野が狭くなりがちな人だと
自覚しているので、感情コントロールをもっと上手く、
というのが今年の(というか、今後ずっとの)目標の一つ。

感情、といえば、昨日は息子が用事で連絡をくれたので、
久々に電話で息子の声が聞けてラッキーでした^^
余分なことは話してくれないけれど、
大好きな(笑)アイドルの話は少し盛り上がり。

そろそろ初めてのひとり暮らしの一年がすぎようとしています。
それなりに困ったことや心細いこともあったと思うけれど、
あまり表に出さず、淡々と、勉強に、遊びに、楽しめたようです。

教室に来てくださるゲストの方のお子さんへの対し方など、
すごく勉強になったので、私もあと少し、
息子へ手渡したいものを、しっかり手渡せるように
がんばりたいと思いました。



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : アロマテラピー - ジャンル : 心と身体

タグ : 仕事

◆とうとう雪が降りました~!

今日はとうとう?山陰でも積雪がありました。
日本海側とはいえ、あまり積雪はないのですが、
(一冬に一回か二回、数十センチの雪が積もる
 ことはありますが…)この冬は、これが最初の
「雪のヤマ」になりそうです^^;

去年は積雪が多く、山陽側へ受験で出かけるのに、
バスや車はもちろん、列車でも難しいほど積もったらどうしよう…
山越えできない…><;…と心配していましたが、
センター試験のときが「雪のヤマ」だったみたいで、
二次試験のときはむしろ、暖かかったです。

こういうところも、都会の子に比べて、受験の負荷が
大きいところですね…まあ、羨んでも仕方がないので、
上手くいくために、あらゆる可能性を想像して、
準備するしかないですね。

受験生、がんばれーーー!!

で、今年は受験はないのですが、代わりに?
父母介護のために車を出すことがあるので、
へぼい中古車が低温のためバッテリー不調で
動かなくなると困る…と思い、昨日は特に用事も
なかったのですが、市内で少し車を動かしました
…どんだけヒマなの?!

走り始めてから、あ、そうだガソリン入れよう、
といきつけのガソリンスタンドで給油。
思いがけず?用事が一つすんだ^^…平和ですね…^^;

たぶん母は、おやつやパンが少なくなって、
心細く思っているだろうから、明日の神経内科の
受診に合わせて、いつもより多めに、
母の好きなものを持って行こうと決意!

そして今夜は、夫は新年会&ボーリングなので、
夕食はいらず…\^^/…ますますのんびりできました。
夫、帰ってきて、音楽友だちからもらったUSBを
失くしてしまったみたいで、しょげていた~

でも、USBは自分で買ったものだし、入れてもらった
音楽しか入っていなかったので、実害が少なくてよかった…
橋の上で、雪が降ってきたので、ニットの帽子を
カバンから出したときに落としたのかも…だって><;

ちょっと小学生みたいです><;
これが仕事関係のものだったら…!
ニュースで報道されたかもしれないです…;;;;

ほんとに、何事もなく、無事で生活できるって、
ありがたいことです。
私のような小心者は、起こってもいない、
怖いできごとを先取りして想像して心配の種にしてしまう。

でも、ポジティブに考えれば、想像できたことに対して、
日頃から対策を講じていればよいのですね。
それをしていないことがほんとうに怖いことなのかも。。。

そして、一つ気になることがあると、他のことが
全部とんでしまうことが、私の悪い癖…。
まあ、一球入魂ではないですが、それだけを
全力で解決しようとするのは、悪いことばかりでも
ないのかもしれませんが…精神衛生上はあまりよくない。

何事もバランスとタイミング。
すべきときに、すべきことを、ちょうどよい加減ですれば、
何事も恐れることはないように思います。

息子、風邪ひいていないかなぁ…などとまた、
心配しても仕方がないことを、心配したりして。
まったく、気苦労症は困りますね。



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

タグ : 日々のすごし方

◆やっとお正月気分が抜けて、日常が戻ってきました^^

三連休も終わり、お正月気分もさくっと抜けましたね^^
今日から学校も始まり、仕事も本格始動、
という方も多いことでしょうね…。

昨日は夫、5?回目の誕生日だったので、
市内で一番美味しい(個人の感想です^^)ケーキ屋さんで
ケーキをフンパツして、夕食後に食す…
やっぱり…まいうー! ここにしてよかった^^

来週は義母と三人で(息子は帰れないので…><;)、
いきつけのお店で誕生会をする予定^^
先日は、義姉一家と大勢で行ったせいか、
味もちょっと大味だったので、今度は期待^^

昨日とうってかわって、みぞれ交じりの雨模様。
それでも、誕生日なので、今日は夫デー。
ちょっと遠いショッピングセンターへ行って、
趣味の音楽のためのキーボードを品定め。

キーボードの他にも、パソコンや家電など
欲しいものはいろいろあるのだけれど、
息子でお金がかかる時期で、しかも今年は
住宅ローンの見直しの年なので、
ちょっと気持ち的には節約したい…。

なので、私関係の家電(電子レンジとか洗濯機とか)は、
完全に使えなくなるまではガマンしようと思います。
家事にあまりこだわりはないし…^^;

本当は車も1台でよいのだけれど、夫の単身赴任の
ために購入した中古車…これも壊れるまでは
乗ろうかな、と思っている。

万一、息子が就職したときまでもったら、
そして、息子がとりあえず、この中古車に乗るといったら
譲ろうかと考えている。

なんだかんだ言っても、モノはいつかは無くなる。
そして人間も。
なので、なるべく後を濁さないように、モノを所有し、
そしてしかるべきときに負荷なく手放せるように
しておきたい。

新年のスタートなのに、ちょっとネガティブなことを
考えすぎかな…?とも思うけれど、
大切なことについて考えようとすると、
どうしても、この部分に思いがいきついてしまう。

それでも、やっぱり、前向きなこと、楽しいことも
計画したいですね…!
…今まで、そういうことばかりだったから、今
ネガティブなことも考えないといけなくなっているのですが…^^;

とりあえず、先日電話をくれた旧友とも話したのですが、
日常を離れて、旅行かな、と。
夫とも、親たちの介護などを考えると、
自由に旅行できる時間は、案外少ないのかも、と思います。

計画するぞ!!



にほんブログ村



にほんブログ村

にほんブログ村



テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

タグ : 日々のすごし方

◆久々に文章を書く。そしてお相撲のことなど

今日は比較的すっきりと目覚めて、調子よく
一日を始めることができた。
お正月、息子とゆっくりした時間をすごせて、
心が満たされたのかもしれない。

朝9時前に、息子よりLINEがきて、
「授業間に合ったよ~」と。
それだけのことだけど嬉しくて、またほっとした。
なんでもない日常のことを共有できれば、
離れていても、安心してすごすことができる。

これからも、たいしたことでなくていいから、
日常の、ああした、こうした、を毎日、
一言でいいから送ってほしいな…
母のささやかな楽しみです^^

午前中、久々に漱石を読んで、文章を書いた。
書きだしたら、集中して、いきなり何ページも
書いてしまう。
もちろん、あとでいろいろ推敲が必要なのだけど。
やっぱり書くことが好きなんだなぁ、
書くことで、自分の「ほんとう」を感じたい、
知りたいんだなぁ、と思った。

何事も、続けて行くことが大切なんだな、と思う。
続いていることといえば、例のお相撲のこと。
今日、やっとテレ朝の玉川さんが、貴乃花親方に
「もうしゃべらないと」と、初めて批判的なことを言った。

遅いって。最初から分かっていたことだと思う。
弟子のケガを利用して、自分の立場をとりたい
だけのように思える。

この件は、すでに公的機関が扱っていて、
基本的に貴乃花の手も、協会の手も離れているはず。
なのに、しゃべらないのは、しゃべってしまうと、
自分に理がないのがバレてしまうからではないのか。

いくら言葉で表現するのが苦手だといっても、
本当に明らかにしたいことがあれば、
世間を全部敵に回しても、言葉を尽くすべきだと思う。
そうすれば、きっと理解してくれる人がいるはず。

そうしないのは、協会どころか、一般の相撲ファンも
信じていないのではないか。
だれのために、「相撲道」を貫こうとしているのか。
私にはファンのためではなく、自分の個人的な美学
のための自己満足のように見える。
これはあまり美しいこととは思えない。

独裁者は、自分がトップになれば、なにか良いことが
実現すると信じているけれど、そもそも誰か一人の
力で、何かを変えよういう考えそのものが
すでに独裁的だ。

周囲の人で誰かそれを教えてあげる人がいれば
よいのだけれど。
まあ、それができるはずの母親や兄とさえ、
断絶しているのだから、無理か。

自分が今の地位にあるのは、誰のおかげだと
思っているのだろう?
父や母、兄がいたからこその自分ではないのか。
まさか、自分の力だけで、今の地位を得たと思っているのか?!

家族だから、自分を支えるのはあたりまえだと
思うのは子どもにしか許されない。
それがどんなに恵まれている事か、それが無い、
モンゴルの人の気持など分からないだろう。

処分が出て、それでも何も変わらない状態を見て、
今まで貴乃花を支持してきたコメンテーター達が
微妙に理事会&協会寄りの発言をするようになったのも
なんだか気持ち悪いけど、興味深い。

さて。明日からまた夫はお休み。
楽しく有意義な週末にしたいものです。




にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

◆お正月終了~息子、大学のある街へ戻りました;;

今日から夫は平常通りの仕事に出かけました^^
一昔、二昔前なら、仕事初めは午後から新年会~
などと、のんびりした感じだったのでしょうが、
いきなり通常モードのようです;;

息子も、明日から通常授業なので、
今日の午後、大学のある街へ戻っていきました。
バスで駅まで送っていったのですが、
まだ時間があるのに、じゃあここで、とスタスタと
改札を抜けて行ってしまいました><;

それでも、階段を上がるときに、ちょっと振り返って
バイバイしてくれて、あ~やっぱり優しい子なんだな…と。
まあ、バカ親ですね…><;

ちょっと淋しいけれど、私も自分のできること、
すべきことを積み重ねて、次に息子に会うときに、
もっと素敵な暮らしができているように、
励みたいと心に決めました^^/

というわけで?せっかく駅まで来たので、
美味しいと評判の、一回食べただけの「乃が美」の
食パンを買って、海外食材のジュピターで、
紅茶とチョコを買って、地元団体主催の映画の
前売り券を購入、とまずは自分の欲を満たしました^^;

そして息子の乗った電車が出る前にもう、
バスでまた家路についたのでした…。
帰ってからは少し休んでから、夕食の準備と
片付け、掃除などいつものルーティン。

息子切れしそうになったら、帰ってきてくれる、
物理的な距離も、心理的な距離も、
今の感じがちょうどいいのかもな…と思ったり。

そろそろバイトを始める予定もあるし、
課題や試験も忙しい。
来年度に向けて、奨学金の書類をそろえたり、
サークルの活動や、アイドルのイベントや
…大学生活、満喫しているらしい息子が
ちょっとうらやましい^^

私もアロマの仕事の予定もぽつぽつ入っていて
そろそろ準備に本腰を入れないと。

家族水要らず?のお正月も、こんなふうに
終わってみると、あっけないものでしたが、
受検でバタバタした去年が嘘のように、
親たちの心配事を除けば、楽しく、落ち着いた
冬休みでした^^



にほんブログ村



にほんブログ村

にほんブログ村


テーマ : 家族 - ジャンル : 結婚・家庭生活

タグ : 家族の楽しみ

◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。