◆自分に正直に、そして悔いなく

ここ2~3週間にわたって、自分の生活の底を
見つめ続ける時間が多く、あらためて、いろいろなことを
考えさせられた。

きっかけは、近所に住む友だちからの
お仕事へのお誘いだったのだが、
それを機会に、今までの自分と、これからの自分の
生き方、生活の仕方について、期せずして、
見直さざるを得なくなった。

友だちが誘ってくれた仕事は、形態としてはパートで、
週2回~一日4時間程度、老舗旅館の客室のお掃除、
という、友だちによると「誰にでもできる仕事」。

条件も、時給は普通で、シフト制だけれど、
土日祝日休みという好条件。
職場の人間関係も良好で、気楽なのだとのこと。

長らく無職で、やや神経質な私には、
適した仕事のように思えたので、面接や
職場の見学、仕事の体験までしたのだけれど、
今朝、正式に辞退させていただいた。

一度、電話で辞退した後、もう一度、
友だちに説得されて、前言撤回し、
その後面接、職場体験までしたのだけれど、
やっぱり…どうしても、その仕事をしたいとは
思えなかった。

贅沢な話だと思う。私のような社会的スキルの低い、
若いとは言えない人間にとっては、
もしかしたら、またとない、社会復帰の好機だったかも
しれない、と思う。

それでも…もう若くないからこそ、もう一度、
ほんとうに自分のやりたいこと、やりたい仕事を
してみたい、という気持ちにさからうことができなかった。

これからの私の選択肢としては、今まで細々と
やってきたアロマの仕事を発展させるのか、
それとも、若いときに一度辞めてしまった、
編集やライターの仕事をまた始めるのか、
もしくは、まったく別の、経済的に確実に自立できる
サラリーをいただける仕事に就業するか。。。

いずれにしても、もう迷っている時間はないのだ、
ということだけははっきりと自覚できた。
それだけでも、今回のことは、私にとって
とても意味があったことだと思う。

誘ってくれた友だちには、とても悪いことを
したのだけれど…><;
この埋め合わせは、私の仕事の確立と、
今後の友だち関係のなかで恩返ししていくことで
ゆるしてもらえないだろうか、と思う。

それから、自分がふがいなくて、悔しい、という気持ち。
この気持ちを忘れずに、これから仕事を創っていきたいと思う。

スポンサーサイト

テーマ : 働き方 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 仕事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック