fc2ブログ

◆ショックなことを聞いて…;;

今日は、久々に夫同士が仕事でつながりのある友だちと
電話で話して、癒されました…といつもはなるのですが、
今回はちょっとショックなことを聞いて、まだ心がざわざわして
落ち着きません。

お互いの子どもの話になって、わが息子が、職場で
上司に恵まれて、楽しくのんびり(離島なので…)
やっていることと、「メンター」と呼ばれる、先輩に
悩みがあれば聞いてもらえるようなシステムがあることを
話したのです。

そうしたら、友だちが、この3月に知り合いの方の
息子さんが、おそらく仕事のことで悩んで自死されたと、
話したのでした。

そういえば…と、息子も、息子と入れ違いで、本土の
勤務になって島を離れた先輩が亡くなったことを、
GWに帰ってきたときに話していて、だからこそ、
職場でいつも「困ってない?」と大切にされているのかも、
と話していたことを、思い出しました。

その息子の先輩が、友だちの知り合いの息子さんで、
しかも…どうやら息子が小学校の頃のサッカーで
お世話になったコーチの息子さんらしいということが分かり、
言葉もありませんでした。

私はその息子さんを、直接はお会いしたことはなかったの
ですが、コーチには、わが息子が転校生ということもあって、
かなり気にかけていただいたのでした。
夏休みは自主練にも付き合ってもらい…感謝しかありません。

コーチはこの3月、職場を定年退職されたそうですが…
友だちは、奥様とも以前交流があったそうで、かなり
心配していましたが…なんと声をかけてよいか悩み、
まだ連絡をとっていないといっていました。

息子はおそらく、自分の先輩が、お世話になったコーチの
息子さんで、自分の職場の先輩でもあったことを、まだ
知らないと思います。

離島では、仕事も地域の活動も、いきいきと活動されて
いたそうなので、本土での新しい職場に馴染めなかったのか、
それとも他に何か理由があったのか、詳しい事情は分かりません。

ご家族のことが心配です。

私も息子のことを、分かった気でいますが、このことを
聞いて、とたんに心配が大きくなりました。
何が辛いかは、人それぞれで、誰もが耐えられることでも、
その人にとってはとてつもなく辛いことだってあるでしょう。

息子には、親だけでなく、親以外で信頼して相談できる人を
もってほしいと思います。
もちろん、親も全力で支えたいと思っていますが、
力不足のこともあるでしょう。

辛いとき、悲しいとき、助けを求められる人であって
ほしいです。

私は自分が、すぐに助けを求めるタイプなので、それが
普通だと思っていましたが…いろいろな理由で、
助けを求めることをためらう人のほうが多いのかも
しれない、と最近思うようになりました。

息子の先輩も、長くスポーツに打ち込んで、集団の中心に
いつも居るような方で、友だちの娘さんと同級生でもあり、
陰りを感じられる雰囲気を感じたことはない、と友だちは
言っていました。

だからこそ、親御さんも、まさか、と思われたと思うのです。
息子が上司から聞いた話では、仕事もしっかりと取り組む
期待の新人だったようです。

どこの親も同じことを思います。

わが子が、若い人が、たくさん欠点があっても、失敗ばかり
でも、とにかく、生きていてほしい、そう願っています。

悩みのある人、どうか、相談し続けてください。
きっとどこかに出口があるはずです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 思うこと感じること - ジャンル : ライフ

タグ : 息子のこと

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック