◆いよいよGW!~準備など^^;

良い天気の日が続きます。
山陰は曇りの日が多いので、こんな爽やかな
日々がもっとあればよいのにな~と思います^^

この時期は、全国どこでもそうだと思うのですが、
衣替えやら、布団替えやらの時期ですね。
わが家もやっと息子の部屋のゴミ捨てが終わり、
布団を干したり、シーツを洗ったり、
冬中に発生した壁のカビを退治したり…しています。

朝、息子からLINEがあったので、
「天気良くて家に居るときは布団ほすのよ~」
とLINEをしたら、「干してるよ~」と返事がありました。
よかった…^^;

さて、GWの始まりはアロマのワークショップから。
いよいよ明日に迫ったので、最終確認、です。
今日はそれを夕方まで。

そして、夕方からはプレミアムフライデー、
ということで、お仕事をしている友だちと
久々のディナーに出かけます^^

この友だちともほんとに久しぶり…
去年の秋分の日くらいに、連絡をくれたのだけど、
私がインフルエンザ(たぶん)で寝込んでいたので、
電話にすら出れない状況だったのです><;

息子たちの受験もお互い終わって、
高校が違うので、またいろいろな話が聞けそうです。
その友だちも、息子や息子と同じ高校に進んだ
小中の友だちの消息を聞きたいのだと思います^^

上のお姉ちゃんは大学4年生、就職の時期なので、
またいろいろと教えてもらいたいこともある。
きちんとした家&考え方の人なので
じっくりお話を聞こう。
私はどうしてもおしゃべりなので、自分のことばかりに
なってしまうので…><;

息子はGWの前半、友だちと日帰りで
四国に行くらしい。
行きたいところがあるのか、会いたい友だちが
いるのかは分からないけれど…。

帰省もしてくれるようなので、楽しみに待ちたい。
といってもたぶん、とんぼ返りなのだろうけれど。
あまり期待しちゃいけない、ですね!

スポンサーサイト

テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

◆介護の現場の厳しさを知った…><;

昨日は雨の中、久々に姉の運転で、
姪っ子っと三人で父母の施設へ。

父母とも、三人で来たので喜んでくれた。
姪も5月からまた理学療法士として働くので、
最後のゆっくりした時間を割いて、
私たちにつきあってくれた。
優しい子だな…^^

母はいつものように、あれが欲しいこれが欲しい、
お金を置いていけ~お出かけしたい~と
自分の欲求全開な感じだったけれど、
元気がなによりなので、よかった!

父も、運動不足ながら、まあ元気そうでよかった。
この状態をしばらく続けてくれれば…と思う。
ところで、私が休んでいる間に、
ケアマネさんが交代してしまった!

TさんというUターンしてきた若い男性の
ケアマネさんで、多少頼りないところもあるが
心根がまっすぐで、よい人だっただけに、
残念…良い人、というだけでは続かないのが
この仕事なのかもしれない。

表向きは病気療養、ということだが、
私はなんとなく年明けくらいから、
Tさんが精神的に不安定な感じを受けていたので
退職自体は驚かなかったけれど、
やっぱり、周りの人のフォローで、
なんとかならなかったのか…と思う。

まあ、理学療法士として就職しようとした
姪っ子が、父母がお世話になっている、
この施設の面接をして、あきらかに、
「ここでは働きたくないな…」と思ったらしいので、
長く働くためには辞めてよかったのかもしれない。

それにしても、短い期間だったけれど、
お世話になったので、直接お礼が言えなかったことが
心残りだった。携帯番号でも聞いておくんだった…。

でも姉と、「わが家が原因で辞めたのでは…」
と危惧している。どうかそうではありませんように…><;
もしそうだった、余計にお礼と場合によっては
謝罪がしたいんだけど…^^;;

以前のケアマネさんは、ベテランのおばちゃんで
悪い人ではなかったんだけど、やっぱり
私たちに見せる顔と、他の介護職員や
病院関係者に見せる顔が違っていたので、
この人をどこまで信用したらいいの?
という不安と疑念が最後まで消えなかった。

私たちにとって不利なことでも、
理由と状況をきちんと説明してもらえれば、
納得できない私たちではないのに、
最初によさそうなことを言って、
事がすすんでから、強引に進路変更されるので
いつも振り回された感が抜けなかった。

キャリアは浅くてもTさんには、そういう
「あざとさ」が無かった。
場合によっては、施設側の不利益になることでも
私たちの味方でいてくれそうだった。

だからこそ、辞めざるをえなかったのかもしれない。
介護の現場は、どちらを向いてもほんとに厳しい。
その現実をあらためて知った気がした。

私はこれからも、私たちの方を向いて
仕事をしてくれる介護従事者の人を
大切にしたいし、そうでない人には、
徹底して、納得するまで向き合う覚悟でいる。

たぶん、ほんとうのところ、利用者の気持や
状況を把握しきれていないところからくる
錯誤が原因のことが多いのだ。
介護の現場のトラブルは…。

姉も、とても残念がっていたので、
また気分が落ちないか、心配だ…。

テーマ : 介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

◆そろそろ息子ギレ…><;

昨日は一日、アロマのワークショップの準備など。
お昼前にその関連で、姉と姪っ子が寄ってくれて
ちょっと気分転換になりました^^

姪っ子はさすが女の子で、私の仕事、
アロマテラピーにも興味を持ってくれて、
アロマテラピー検定も受験予定で、
今度のワークショップも手伝ってくれるとのこと!

あ~今さらながら、うちにも女の子がいれば…
とも思う。でももしいたら、私と大衝突しそうだな^^;
夕方、新聞の料金を徴収に来てくださる方と
ちょっと立ち話。

この方の娘さんも、小中と息子と同学年なのだけど
あまり一緒のクラスにならなかったようで、
息子との絡みはないけれど、共通の友だちも
知り合いも多いので、話していて楽しい^^

彼女の娘さんも、今年高校を卒業して、
地元の専門学校に通いながら、
近所のショッピングセンターでアルバイトを
始められたようで、やっぱり娘はいいなーと
話していて感じた次第。

夜LINEしたら、息子は今日は(今日も)
友だち宅で夕食、そしてたぶん遊びの
様子。もしかしてお泊りも?
…健康と学問に差し障りが無ければ
よいのだけど…。

淋しい、というより、心配、です><;
ほんとに、元気で、自分が選んで、
社会とつながっている道を歩いていてくれれば、
それでもういい…。

だけど、その日その時に楽しい事、
というより、楽なことばかり選んでいると、
いつかは独りになる日が来る。

誰からも必要とされず、誰をも必要としない。
(もし必要であっても、助けてさえもらえない)
そんな人間になってほしくないな…。

この間までは、「受験が終わるまでは、
うるさがられても、言い続ける!」と
決意して、実行していたけれど、今度は
「20歳になるまでは言い続ける!」そして
それは「大学を卒業するまで」に変わり、
さらに「結婚するまで」になるんだろうな^^;;;

あ~あ、親って一体。。。
要するに、息子に会いたい、息子ギレ、
ってことなんでしょうね^^;;;;

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆久々の友だち宅~^^/

昨日はよい天気の一日で、天気にふさわしく
活動的な一日だった!

午前中は、週末のアロマのワークショップの
準備などをすすめ、午後からは
久々の友だち宅へおじゃました。

息子の同級生だった、亡くなった友だちの
ママ友宅へ…。

ほんとうは年度末に、息子と一緒に
おじゃましようかとも思っていたけれど、
同級生がみんな卒業、進学、就職する
時期なので、辛いかと思って電話だけでの
報告だった…。

受験の顛末など聞いてもらったけれど、
悲しい気持ちにさせなかったかと、
ちょっと心配したが、途中から
もう一人の友だちも来てくれて、
楽しくおしゃべりして帰った。

初めて行くケーキ屋さんのケーキも
なかなかおいしかった。
また行ってみよう。

7時半ごろまで長居したけれど、
夫は11時近くに帰ってきたので、
昨日も夕ご飯は一人。
やっぱりちょっと淋しかった。

息子からは、特に何もなく。
乃木坂ネタのときだけは、
少し具体的な返事をしてくれるのだけど。

そろそろ日曜日に行ってもよいか聞かなくては。
断られるのも悲しいしな…と思ったり。

後は早く手のひらの肌荒れをなくして、
トリートメントに復帰したい。
慌てず焦らず、一歩ずつ。。。



テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

◆夫への感謝を忘れないように…

今日は同じ「家族のこと」というカテゴリーでも
息子ではなく夫のこと。

こういうことをブログなどで書くと、
読む人をうんざりさせるかもしれないけれど、
わが夫、とてもできた人、です。

それは、「仕事ができる」とか「稼ぎがよい」とか
「イケメン」「イクメン」とかいうことではなく、
ズバリ一言「じゃまにならない人」という意味で
「できた人」なのです。

年齢相当に頭髪は後退し、
職場でもそんなに目立つことはないと思うけれど、
家族も含めて、他者に嫌な思いをさせることが
とても少ない人だと思います。

そういう、よい意味で「じゃまにならない人」なのです。
つまり、周りの人の幸せを「じゃましない人」。
これ、できそうでできないスタンスだと思います。

自己肯定感が無いわけではないけれど、
無用な自己主張をしないところも
すごいバランス感覚だと尊敬しています。

それが高じて?職場への異動希望調査へも
希望の部署はたいてい「どこへでも」と書いて
出してしまうので、遠隔地への単身赴任やら、
本人もびっくりの異動もありました^^;;

いつも一言多い私と、どうしてこんな素直で
控えめな人が、一緒になってくれたのか、
今でも奇跡だと思っています。

なので、もし万一、この結婚生活が
破綻することになったら、それは自分の責任だと
結婚する前から思っていました。

今世間を騒がせている不倫国会議員の様子を
見ていても、もし自分の夫がこんなふうになっても、
それさえも、恨まないし、自分からは別れない
と思っています。

幸せは相手のおかげ、不幸せは自分の責任、
そう思える相手と結婚したほうがよいですね。
たいていの人は幸せは相手にもらうもの、
不幸せは相手のせい…になってしまいます。

かくいう私も、実際にそういう場面になったら、
すべてを夫のせいにして、悲劇のヒロインに
なるかもしれません。

都合の悪いことは相手のせいにしたほうが
断然、楽ですからね…。

なので、そうならないように、普段から
夫への感謝を忘れないようにしたいと思います。
そして…大事にしなければ、と
あらためて思った休日でした。

息子もそういう人と巡り合えたらよいですが。
ただ、私も母親なので、息子に辛い思いを
させたり、苦労させたりする嫁を、
許さないだろうと思います^^;;

家族の健康と幸せを願うことしかできませんが…
まずは、私が元気で充実した毎日を送ることが
家族への恩返し、ですね。。。

テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

◆何もない週末~^^;

昨日はやっと友だちにメールできたのはよかったけれど、
午後から一人でダラっとしてしまった…。
それでも、息子関連の書類整理を、
一応きりのよいところまできてスッキリ。

夫は夜は10時すぎまで仕事。
年度替わりで、まだ臨時の仕事も多く、
メンバーも不慣れで、いつものことながら、
落ち着かない日々がいまだに続く…。

朝息子に電話。心配が高じたこととはいえ、
ちょっとうっとうしかっただろうか…。
これからは慎もう。

それでも声が聞けてちょっと安心した。
GWまであと一週間。
これからはアロマのワークショップの準備に
勤しもう。

一つ一つできることをやっていくだけ。
それにしても、今までできなかったことを
やっていこう。
まずは断捨離かな。

テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

◆エイヤっと出かけてみる

昨日は例によって、午後からダレそうになったので、
予定通り、父母の施設へ出かけてみた。
いつもなら、姉を誘うのだけれど、
今は姪も家にいるし、体調も今一つのようなので、
連絡せずに私一人で出かけてみた。

それに、姉宅でこすった車を修理に出していて、
今、代車なので、それもまた姉にストレスを
感じさせても悪いと思って。

なんだかんだ言っても、私も一人、慣れない車で
のんびり行きたかったのだ。
それにまた、姉と父母の悪口を言い合いたくなかった。
たまには、こういうのもいいかもしれない。

父母は元気そうで、父も温かくなったせいか、
もう少し動きたいような感じだった。
このままの体調だったら、今度少し外に
連れ出してあげてもいいかもしれない。

でもそうすると母がやきもちをやくかもな…。
一方母は、やっぱり股関節の手術をしないと
以前のように、外出もままならない感じだ。
また姉と相談して、手術してもよいかも…
と個人的には思っている。

ただ、入院が長引くと、また別の問題が
出てくるのも事実で、それを姉が受け止められるか
どうか…私が一人で引き受ける覚悟があれば
手術に踏み切ってもよいのだけれど…。

いろいろな人の意見を聞き、自分でも調べてみて
夏前には決めたいと思う。
母も意外に(笑)長生きな気がするので、
「あのとき手術していれば…」とずっと
言われ続けるのも嫌だしね!

そして息子のこと…。なんだか安易な方に
流れている気がする…。
なんだかんだ言って、結局「グローバル」に
申し込まない気もするし。

単位も最低限しかとる気ないみたい。
まあ、あまり勉強勉強というのも違うだろうが、
いまいち、考えが甘い気がして、心配だ。
もう手が離れたんだから、あとはもう自己責任、
と割り切れないところが私…バカ親だ!!

だいたい一年生なのに、金曜日に午前中授業がないって
どうよ?…暇なら教職くらいとれよ!と言いたい。

GWに会ったときに、また言ってしまいそうだが、
それももう遅い気がする…履修登録は終わるもんね。

あ~あ…私は私の仕事をしろってことね!
ささ…今日もがんばりましょう。

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆やれやれな一日…心配は尽きず><;

昨日もやれやれな一日。
標題通り、心配は尽きず…><;

午前中、久々の友だちから電話。
この友だちは、以前にもここに書いたけれど、
ほんとうに、こちらが話したいと思ったときに
ドンぴしゃで電話をくれる不思議な友だち@@;!

2月に、ちょうど息子の私大の入試が終わり、
かんばしくない結果がぼちぼち出始めたころで、
嫌~な予感の日々に、電話をくれて、
しばらくおしゃべりして、助けられた…。

共通の友だちの訃報のお知らせだったのだけど、
それでも彼女の優しさ、普通に前向きな様子に
ふさぎがちな気持ちも普通の日常のレベルに
戻ることができたのだった…。

ほんとうに、こういう友だちは貴重だ。
何の利害関係もなく、ただ気持だけで
寄り添ってくれる…大切にしなければ。
連休あけたら、会いに行こう!

午前中目いっぱい話したので、
予定していた用事はできなかったけれど、
それだけの価値のある時間だった。

そして午後…息子からLINE。
なんと、昨日は「早く寝るのよ~」「は~い」
という会話を交わしたにも関わらず、
息子、友だち宅で徹夜ゲームだったらしい…。

昨日は午前中休講だったので、講義に影響は
なかった、と言っていたけれど、どこまで
本当なんだか…と思ってしまった。
そして、なんと、プレステも購入したとのこと!

帰ってきた夫に話したら、
「ちょっと英語の成績が思ったよりよかったから、
 調子こいてるんじゃない?」
…まったくその通りだと思う><;;

そして夜。懸念していた奨学金の申し込みを
パソコンでやろうとしていた息子から、
「分からない」とメール。

まあ、よく読めば分かる(私でも分かるんだから…^^;)
のだが、めんどくささが先に立っていて、
聞いてきたのだろう。

聞けば、パソコンの設定も終わっていない、
とのこと!
じゃあ、手続できないじゃん!!

メールでのやりとりも面倒なので、電話したら、
まだごはんを食べていないから、
学校へ行って食べてくる、と…。なんなんだ?
荷物が届くことになっているので、8~9時は
家に居てね、とくぎを刺す。

そして夜10時過ぎに、もう一度電話。
口座のことなどやりとりするのだけど、
ほんとにもう…めんどくさそうな息子の声~><!!

ほんとに、誰のためにやっているんだか、
と、ちょっとむなしくなったーー;;;

見返りを求めているわけではないけれど、
荷物の御礼も言わず、届いた?と訊いたら、
まだ開けていない、とつれない返事。

あんたが加湿器送ってっていったから、
送ったんだろうがーーー!
…と言いたいのをぐっとこらえました。

ほんとに…修行、ですね。

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆ちょっとでもメールがあると嬉しい^^

相も変わらず息子のこと^^;
昨日の朝は珍しく6時過ぎに「おはよー」とメール。
喉の調子のことを聞きたいけれど、
聞いても状態が変わるわけではなし、
ここは息子にまかせて待とう。

一昨日は久々に家で一人で自炊したとのこと。
親は勝手なもので、自炊したらしたで、
「淋しくなかったかな…」などと思う。

友だちと外で食べたら食べたで、
「毎日夜遊び歩いているのか…」
と心配になる。
もうちょっと、あきらめたら…と自分でも思う^^;;

今日は、昨夜友だち宅に遊びに行くと言っていたので
朝、おはよ~とLINEしてみたら、午後まで既読もなし。
嫌~な予感がしていたら、なんとボードゲームで
徹夜したとのこと…これじゃあ、喉も悪くするわ。

それでも、午前中が講義が休みだったことと、
午後からPCの講座に行ったとのことだったので
まあ、いいか…と。

たまのことならよいけれど、あまりに自由すぎるのも
何しに大学行ってんの?…ということになる。

しかもまだ自宅のパソコンの設定をしていないのと、
奨学金の手続もしていないのと…
大丈夫か?!…と思う。

そして淋しくない?と訊いたら、
ちょっと淋しい…との答え。
う~ん、心配してよいのやら、安心してよいのやら。
どちらにしても、GWに顔を見るまでは
安心できない私…バカ親です><;

私も今日はちょっとがんばって、
代車で郊外の百均まで出かけて、
GWのアロマのイベントの準備。
息子のことばかりやっていられない状態のほうが
私にとってはよいのかもしれない。

でも、関わりすぎず、関わらなさすぎず、
というのは、本当にそれぞれの子どもによって
その加減が違っているので、
それはほんとに個々人の感覚だけがたよりだ。

一番よいのは、子どもが本当に親を必要としている
部分に、必要としているタイミングと力加減で
かかわることだと思うのだが…離れていて
様子が分からない今は余計に難しい。

ほんとに「母親の勘」を研ぎ澄ませるしか
ないのかもしれない。。。

わが家の場合、少~しうるさがられる程度の
関わり方がよいのかもしれない。
うるさがりながらも、わが息子、結構、
必要としてくれているようだから。

あとは過保護にならない程度に、
関わることを心がけよう。

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆やっと日常が戻ってきた感じ

昨日は週明けの大雨で、ブルーになるか…
と思いきや、意外にサクサクと用事を
すませることができた。

やっと息子の家賃の口座引き落としの
手続をすませ、アロマの仕事の必要な
メールを送り、家事もそこそこすませる
ことができてほっとした。

新年度になってから、夫の仕事が激務になり
帰りが10時~になることが多いので、
身体によいものを作らなくては…と思う。

息子の用事が徐々に減っていくはずなので、
今度は夫のケアに重点を移そう。
今まで息子にかまけてほったらかしだったので…。
文句一つ言わない夫に感謝しかない。

とはいえ、引き続き息子の残務整理あれこれ。
今日は午後から息子への荷物(加湿器)を
出しに行き、息子の敷布団のシーツを洗い
(いったいいつから洗っていない?!)
書類の整理。

朝6時過ぎにメールがあって、昨日は久々に
家で自炊して食べたのだそう。
3月の終わりになんとか教えた、
簡単なサラダ(生野菜を切るだけなんだけど^^;)
を作って食べたらしい。

喉の具合がよくなっていればよいのだけど…
あまりしつこく聞くのも悪いと思って自重。

後は、自分のアロマの仕事をすすめなくては。
GWのワークショップを成功させたいので!
久々の友だちにも連絡したい。
受験の顛末も聞いてほしいし。

では。今日もがんばりましょう~^^/

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆休日に息子が居ないのは辛い…><;

先週末、荷物を届けたり、買い物に行ったりして
用事を済ませてしまったら、一段落。
残務整理も、それほどすることもなく、
こうなると本格的な空の巣症候群の始まり。

週日は、こんな私でも、アロマの仕事や
家族のための家事などで、時間が過ぎて
いくのですが、休日ともなると、
夫と二人、買い物に出かけたりするのですが、

あ、これ息子に買おうかな、とか、
お昼は息子は何を食べたかな…とか、
やっぱりまだ息子のいない休日には慣れません><;

夫は単身赴任の二年間、片道3時間半かけて、
毎週金曜日の夜遅く帰って、日曜日の夕方、
早めの夕食をとってからまた、3時間半かけて
赴任地に戻る…という生活を送りました。

夫の場合、県内だったので、当然、と思っていたのですが、
(どんなに広い県なんだ…という感じですが^^;)
息子の場合、県外なのに片道2時間ちょっとの場所。
なので、毎週帰ることも可能なのでは…?!
と思ってしまう、バカ親です^^;;

今、息子、喉の具合があまり良くなく、咳が出て
ちょっと体調不良らしいので、様子を見に
行きたいところなのですが、先週行ったばかりなので
あまり過保護にしても…と思い、
自重してすごした週末でした。

そんな親の気持ちを知ってか知らずか、
大学が休みの日曜日、買い物に出かけたり、
友だちとご飯を食べに行ったり、
忙しく充実してすごしたみたい。

よいのかわるいのか…><;

とりあえず、母は残りの残務整理と、
加湿器入りの荷物を送る準備に勤しみましょう。

あ、自分の仕事もすすめなきゃ…><;
さあ、週明け、がんばるぞーー!!

テーマ : 大学受験生活の合間の出来事 - ジャンル : 学校・教育

◆残務整理あれこれ…^^;

さて。また新しい一週間。
今週はさっそく、友だちと会う予定もあり、
ずっとご無沙汰していた父母のところへ行く用事もあり、
少しずつ日常が返ってきた感じ。

夫と二人の生活にも徐々に慣れていくでしょう。
朝、息子が起きるかどうか、とか、お弁当のこととか、
勉強の進み具合とか…気にしなくてよい生活は、
意外と…快適、です^^;;

しかし!…まだまだ残務整理と、気がかりなことが
残っているので、遠隔操作が必要そう。
一つは、息子の住んでいる地域にしかない
地方銀行の口座を開設すること。

これは息子が一人でやるしかないので、
よい経験になりそう。しかし、すぐにでも行ってほしいのに
授業の関係で週末近くになりそうとのこと。

そして、履修登録。
自分のときを考えても、親、関係ないじゃん…と
思うのですが、息子の学校は幸か不幸か、
グローバルコースという特別コースがあり、
英語のTOEICの成績次第では履修可能とのこと。

息子は欲が無いというか、めんどくさがり、というか…
ちょっと上を目指す、という、あと一歩のがんばりに
背を向けてしまうところがあります。

自分を客観的に見ている、とも言えるのですが、
結果をだせるかどうか、ということよりも
挑戦することに意味があるのが若い時、とも
いえると思うのです。

なので、せっかく「客観的な」データとして、
英語の力が一定以上あると判断されたのだから、
ここは挑戦してほしい、というのが親の気持です^^;

でも…親の気持を考えて、行動させるのも
今までと同じ。
息子の自主的な判断と行動こそが、
これからの彼の生き方をつくっていくのだから、
見守らなければ、ね…。

まったく何もしない、というのも無理だし、
後悔したくないけれど、今までより、
少し我慢強く、見守ることを心がけよう、
と思います。

できるかな…やらなければ、です。

テーマ : 大学受験生活の合間の出来事 - ジャンル : 学校・教育

◆慌ただしく帰る~^^;

さて、息子宅滞在二日目も、朝食をすませたら
すぐにまた買い物に出かけました^^

今度は、息子の希望で電気屋さんへ。
本当のお目当てはゲーム機だったのですが、
さすがに、受験が終わったとはいえ、
今ゲーム機を買ったら、きっとゲーム三昧になる…
そう思って、連休明けまで待たせることに。

ちょっと厳しいかもしれませんが、
受験とこの新入学のあれこれで、わが家は
今まで経験したことがないほどの出費でした…。

息子に言わせれば、塾にも通わず、
浪人もせず、国立に進学した親孝行な自分!
しかも一人っ子なのだし…ということですが、
やっぱり、というか、だからこそ、
もうちょっと待ってね、ということです^^;;

何でも思い通りに行くことは、
決してよくないですよね…^^;
思い通りにならない、不自由なことを
いかに自分の工夫で思い通りにして、
不自由を自由にしていくのか…
親やお金の力を借りずに。

せっかく距離ができたのだから、
こういうところも成長の機会にしていかないと。

本当は一緒にお花見でも…と思っていたけれど、
行楽地へと続く道は渋滞で、そそくさとまた
買い物だけ済ませて息子のアパートに戻りました。

アパートに戻ると少し片付けて、
もってきたインスタントのスパゲッティで昼食を
済ませると、もうやることもなく。

3時前には、私から「じゃあ、お父さん、帰ろっか!」
と息子宅を後にしてしまいました^^;;
息子も用事さえ済めば親は用済み、という感じ。

まあ、元気で淋しがりもせず、やってくれてて
よかった、よかった。
帰り道も、湿っぽくなることもなく、私は爆睡。

後はこまごました、口座の開設とか、
引き落としの手続、そして奨学金の手続などなど。
あと少しで新生活の用事も一段落。

GWを楽しみに、親はいつも待つばかり。。。


テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆一週間ぶりに会ってみると…^^;

昨日、友人の涙について書いて、
「私はそれほど淋しくない」なんて語りましたが、
それは今日、一週間ぶりに息子に会うことが
決まっていたから…という種明かし、です^^;;

口実としては、使い捨てのコンタクトレンズの予備を
家に忘れていったから、それを届けに…
ということなのですが、他にも、最低限のものしか
買わずにスタートした新生活なので、
家具やその他必要なものを買うために…という訪問です^^;;;

朝に息子から「何時ごろ来るの?」とLINEが来たので、
親に会いたいかどうかはともかく、
いろいろやりたいことがあって、親が来るのを
待っているんだな~と思うと嬉しくなりました。

親はほんとにバカですね^^;;;
夫がいつものように義母の買いものに付き合う用事が
午前中あったので、そのあと、車の定期メンテナンスを
済ませ、お昼もささっと済ませて、午後1時に出発。

息子のところに着いたのは、3時過ぎでした。
やっぱり、この近さが気持ちの近さでもあるのかも
しれません。
会いたいと思えば、2~3時間で会える、
と思うと淋しさも半減、です^^

大家さんに、車を停めさせていただくことを
御願いに挨拶を済ませ、息子の部屋に入ると、
意外にもきれいにしていて、びっくりしました@@!
それでも、棚やタオルかけ、バスマット、鏡…など
欲しいもの、必要なものがあるようで、
さっそく、ホームセンターへ出かけてました^^

今度の車はナビがあるので、目的地を検索したら
運転も楽々です(といっても夫が運転するのですが^^;)。
同じ系列のホームセンターでも、わが街のものより
一回り大きな店舗の中を、三人であっちこっちうろうろ。

欲しいものが品切れだったり、思いのほか高かったり、
試行錯誤しながら、あるものでベストのものを探して、
やっと第一段階の買い物終了。
帰ってから、さっそく棚を組み立てたり、片づけをしたり。

私は家から持ってきた食材で、久々に実家の味を
制作(笑)。たいしたものではないけれど、
久々(でもないけど)に三人で夕食。

息子は淋しさもみせず、淡々とやっているようで、
ひとまずほっとした夜でした。。。

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆離れてしまうと、ずっと淋しいのか…^^;

息子が家を離れて一週間。
先日、いつも行くスーパーで買い物をしていると、
息子の中学校の同級生のお母さんとバッタリ。

その人の息子さんは、わが息子とは高校は別だった
のですが、小・中学校の部活が一緒だったので、
子どもの試合や遠征の世話などで、
苦楽を共にした仲間です^^

わが家と同じように、その人の息子さんも、
4月から家を離れて、近畿地方の職場へ
就職されて、寮生活に。

3月終わりに引っ越しのために、家族で
荷物を持って送っていったそうです。
これもわが家と同じですね…。

そして今。彼女は毎日、淋しくてたまらないそうです…><;
特に夕ご飯のとき、家を出た息子が居ない、
ということが、耐えられない…と。

私は、分かる…と共感する一方で、
彼女には三人お子さんがいて、
上のお兄ちゃんは、自宅から仕事に出られているし、
下の娘さんは、4月から高校生。

…2人の子どもさんが身近にいても、やっぱり
出て行った息子さんのことを考えると淋しいんだ…
とちょっと意外に感じました。

子どもが何人いようが、今までそばに居た子どもが
離れてしまうということは、私のように一人っ子を
外に出すことと同じく淋しいんですね…@@!
何でもその身になってみないと分からないものですね。

私はといえば…淋しいといえば淋しいのですが、
涙が出て、どうにもならない…ということはありません。
むしろ、息子が一人で、生活のことと、学校のこと、
私が苦手な事務手続きなどのことを
一人でやれているのだろうか…という不安が大きいです。

その不安さえ取り除かれたら、会えない淋しさは、
あまりないかもしれません。
私の今居るリビングのテーブルの向こうには、
息子が勉強していた机が、別の部屋なのですが、
正面に見えています。

あ~ここに居たんだな…と感慨深いものはありますが、
離れていても、元気で自立していてくれれば、
もうそれで満足です。

立派にならなくてもいいから、元気で、
周りの人と仲良く、そこそこ自立できていれば、
ときどきLINEや電話で様子を知らせてくれれば、
私も自分の家事・仕事に精を出して、
息子に心配かけずに生活していけそうです^^

とはいえ、まだ一週間。
これからどんな波がくるのかは分かりません。
人によっては、GWに帰省した子どもが
また戻って行ったときのほうが、淋しかった…
という声も聞かれるので^^;;

ささ、今日もがんばりましょう!



テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆週明け、さっそく仕事初め~^^

日曜日に入学式を終えて、帰ってきたと思ったら、
もう新年度。
夫は今日から新しいメンバーでの仕事なので、
やや緊張気味に、出勤していきました。

いつもなら、朝食は私一人が出遅れて、
息子のお弁当を作り終えたころ、BSの朝ドラが
始まり、私が朝ドラを見て朝食を食べ始めたころは、
夫も息子も出かける準備ですでに食卓に姿はなく。。。

そういう朝の風景だったのですが、
あんなに苦痛だったお弁当作りも、もうすることはないんだ、
と思うと、やっぱりなんだか、淋しいものです><;

すぎてしまえば、あれがやりがいだったんだ、
幸せだったんだ…と気づくのです。
そして、夫と二人の朝食。
ゆっくりBSの朝ドラと、また始まった火野さんの
自転車の旅を見ながら。

…これも悪くないですね^^
ただ、これからは、私の生活、私の人生に
もう言い訳はできない、ということ。
それだけは身に沁みています。

今までは、「息子のため」という大義名分があって、
フルタイムの仕事をしないことも、
父母の介護にあまりかかわらないことも、
その大義名分のもとに一部逃げていたのですが、
これからはもう、それは無し!

もちろん、まだまだ息子のフォローはしますが、
息子本人にも言われたように、もう
「自分でできる!」ことがほとんどなので、
自立を妨げる手助けは無用です。

幸い、ちょっと距離ができたので、
目のまえの息子に手を出したい、という誘惑は
少しは免れるのではないかと思います。

そして幸い、息子以外にも、私を必要としてくれる
家族や友人・知人、そしてお仕事のゲストがおられるので
今までのバランスを変えて、それぞれの存在と
よい関係をつくり、大切にしていきたいと思います^^



テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆ばたばたと新年度の始まり~!

入学式を終えて、しばらく買い物やら
片付けやらを済ませて、3時半には
息子のアパートを出発、帰途につきました。

先輩ママのブログなど見ると、
入学式を終えて帰途につくとき、
道中、小さいころからのことを思い出して
涙、涙だった…という人が多かったので
私もさぞや…と思っていたら、
予想以上にスッキリした気分でした。

息子が家を離れる前は、淋しい、というか
不安で、こんなことならもう一年高校生でも…><;
なんて思っていたのですが、新しいことが
上手くいくのか、自分自身ができるのか
という不安の方が大きかったみたいです。

それに帰りは夫と一緒に車で話しながら
帰ったこともあり、無事に?引っ越しと入学式を
終えることができて、ほっとした気持ちが
大きかったようです。

まあ、また一週間後に、持ってこれなかった荷物を
届けに行くので(笑)、まだまだやらなくては
ならないことの段取りで、また淋しがる暇もなく。

このリズムで、少しずつ、子離れしていけたらいいな、
と思っています。
息子はどうなんでしょう?
やっぱり二人と一人で、一人のほうになるのは
初めてだから、淋しかったかな…?

でも、これが自立の第一歩。
淋しいながらも、自分ですべてを決めて実行する
「自由」を楽しんでほしいものです。

週末、顔を見るのが楽しみ。。。

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆思い出に残る入学式…;;

2日はいよいよ入学式。
10時から開始なのですが、いつも出遅れがちな家族なので
9時開場に合わせて、9時過ぎには到着できるように
徒歩で新居を出ました^^

2~3日前まで雨の予報だったので心配していましたが、
幸い晴天に恵まれ、新しい門出にふさわしい日となりました^^
会場のアリーナについたら、すでに「〇〇大学 入学式」と
書かれた看板の前には、長蛇の列。

そう! 式前に記念撮影をされている親子の列、です!
これは…式前にはもう無理ね、ということで、
ここで息子と分かれて、私たちは2階の保護者席へ、
息子は1階の新入生の席へ。

保護者席もすでに正面の席は満席で、
両翼の部分にはまだあきがあったので
正面からやや斜めの席に、やっと2席見つけて
座りました。

私たちが座ってしばらくしたら、もう式の様子が
見える席は満席になって、あとは後方へ立ち見の
状態で見るしかない感じに…あぶなかった…。
早めに出てきたつもりでも、けっこうギリギリだったのね;;

入学式自体はオーソドックスなもので、
学長挨拶、来賓挨拶、新入生代表(医学部の人でした^^)の
挨拶、などなど、厳かにすすみました。
そして最後は応援団の演武で終わり。

それにしても、総合大学なので学部の新入生が
2000人、大学院の新入生が1000人(!)と、
わが子はどこへやら…の入学式。

入学式が終わった後は、教務部や同窓会事務局、
保健部、図書部などの事務的な全体オリエンテーション。
この間に私は、トイレを済ませ(笑)、
大学のオリジナルグッズやおみやげのお菓子を買い、
オリエンテーション後はおそろしいほどの人出の中を
帰途につきました。。。

と、ここでまたひと騒動。
前出の写真撮影をしようと、息子と合流を試みるも、
息子も新歓のサークルの勧誘を煩わしがって、
なかなか撮影スポットまで行きつけず~><;

なんとか、逞しい家族にくっついて、撮影スポットに
並ぶことができました。
並んでから、息子にメールして、こっちに来るように
言ったら「人が多すぎて行けない」と。

すっかり人ごみにうんざりしている様子。
でも! この写真は今日しか撮れない!
たかが写真。されど写真。
わが家はこういうことにこだわらないタチなのだけど、
今日だけは、私が粘って、なんとか息子を呼びつけ、
無事息子の写真をゲット。
疲れた。。。

そのまま脱力して、また三人でテレテレ歩いて、
アパートまで帰ったのでした。
わが家にしてはがんばった入学式。
とりあえず終わって、ほっとしました。
三人で出席してよかったです^^

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆オリエンテーション&新居一日め^^

4月1日、やっと新居にたどり着いた私が
まずしたことは、部屋の傷や不具合を、
最初に入ったときに、すでにこうだった、
と証明するためのチェックと写真撮影。

住み始めてからでは、息子がつけたもの
ではないということを証明できないので、
荷物を置くまでのところで、まとめてチェック。
これは、この物件を管理している生協の
パソコンにこのまま送信して保存管理するそう。

つまり、私が自発的にしようと思ったのではなく、
管理者の大学生協が、残すように推奨している
書類、なのです^^;;

あ~こういうこともしなくてはいけないのか…と
用事が増えてやれやれと思った一方で、
こういうこともやるべきこととして、ピックアップ
してくれているなんて、やはり最近の大学は
至れり尽くせりだな…と思いました。

書類を作っている最中に、配達を遅らせて
くれていた無印良品の洗濯機とオーブンが
届きました^^

洗濯機は設置サービスをお願いしていたので、
配送業者さんが、ホースをつないで試運転まで
してくれることになっていました。

ところが…! 物件が古いためか、洗濯機の蛇口が
さびて穴があいていて、いくらホースをきつくつなげても
激しく水漏れしてしまうので、設置サービスが使えず><;

やむなく、配送業者さんには、そのまま帰っていただくことに。
これでまた出遅れてはかなわん…とすぐさま生協に連絡したら、
なんと、すぐに来てくれて蛇口の取り換えと、
ホースの接続までしてもらえました^^

賃貸なので、もちろん、費用は管理者持ち。
ほっと一息。お昼には冷蔵庫(こちらは生協で手配)も
届いて、再びほっと一息。

そしてお昼過ぎに、やっと夫が荷物を積んで、
車で到着。懸念していた駐車の件は、
病院経営の大家さんが、休診になる土曜日(本日)
午後から日曜日中は、外来用の駐車場も
無料で使っていい、と言ってくださり、涙!!

一時は、大学からも少し離れていて、新築物件でもない
アパートに決めたことを後悔していましたが、
今日、実際に来てみて、やっぱりご縁があったんだ、
と感じました。

しばらくして息子もオリエンテーションから帰ってきて、
やっと三人で一息入れました。
今日の処は、近所のスーパーで食材を買って、
三人でゆっくり、新居での時間を楽しみました^^

夜は、布団が足りずに寒かったけれど、
翌日の入学式を控えて、慣れないながらも
嬉しい夜をすごしたのでした。。。

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆入学前のオリエンテーション&引っ越し!

昨日はいつもより早く起き出して、
ホテルでモーニング・バイキング。
入試のときとは違い、ほどよい混み具合で
ゆったりと食べることができました^^

8時過ぎには出かける準備ができたけれど、
アパートの鍵の引き渡しは9時半~なので、
さすがに早いだろう、と8時20分くらまで
部屋ですごしました。

そして、チェックアウトしていざ出陣!
…その前に、懸念していた、無印良品の
洗濯機とオーブンの宅配時間の交渉。

私の携帯に配送業者さんから電話がかかり、
やはり9時に行きたいと言われたので、
なんとか交渉して、10時半以降の配達に
変更してもらった。

無印のお問い合わせ電話では、
時間変更ができる期間がすぎているので無理、
と丁寧ながらも規則通りの答えでがっかりだったが、
業者さんは気軽に「じゃあ、シフトを組みなおして、
10時半以降に届けます」とすぐに言ってくれたので、
とてもありがたかった…感謝、です><;

二次試験の時同様、息子と二人で
大学まで30分ほどかけて、歩く歩く!
途中、すでに業者のビラ配り(塾講師の
アルバイト募集など)の洗礼にあいながら、
なんとか学校の生協に到着。

外は静かだったものの、中に入ると、
やっぱり!…今回も出遅れた!!
同じようにアパートの鍵の引き渡しに
訪れた、私たちのような親子連れが
ズラリ…階段にまで行列が~~!

しかし、懲りない私たちも、今回は、
及ばずながらも若干早めに動いたので
10分ほどで、無事鍵をゲットして、
私はアパートへ。息子はそのまま
10時からの学部オリエンテーションへ。

開店時間が早まる、という読みは正しかったが、
準備できてたんだから、もう少し早く出ても
良かったかな…やっぱり甘かった!

アパートまでは、私の足で20~30分くらい。
晴れていたら気持ちよいけれど、
天気が悪いと、ちょっと遠いだろうな…
と感じた。

そしてやっとこさ、アパート着!
下見の時は、やっぱり新築にすれば…なんて
思っていたけれど、今日、実際に入居する
部屋を見てみると…ほんとに、これで十分!

下見した部屋とは作りが逆のせいか、
なんだか、ずっと良い感じに思えた…
なんでだろう…@@?

そして、お昼には夫が車で到着して、
いよいよ引っ越しは本格化!

続く…



テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆新生活、始まりました^^/

今日から新年度。始まりました!

昨日は午後から息子とともに家を出て、
駅に向かったものの、なんと!
あんなに口うるさく言ったのに、まさかの忘れ物。
命の次に大切な…スマホ…><;

出がけに「忘れ物ないよね!」と確認したのに、
バスに乗った後、バタバタとポケットや荷物を
まさぐっていたので、まさか…と思ったら、
「スマホ忘れた~!!」

あわてて、バスを降りて、家へ取って返して、
ベッドの上のスマホを見つけ、またバスに乗ろうと
するのだけれど、電車の時間に間に合うバスは、
すでに出た後…><;

仕方なく、タクシーを拾って駅まで飛ばして、
なんとか間に合って、ぐったり。。。

なんという門出でしょう(泣)。
でも、一生忘れられない門出になりましたが^^;;

2時間半ほどで、新しい街へ到着。
二次試験のときにも泊まった、慣れたホテルへ
チェックイン。
ゆっくりすごしました^^

なんだか、ワクワクしてきました^^
いいな~これから新しい世界が広がるんだ…。
若い息子がちょっとうらやましくなってきました。

…明日に続く…



テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック