◆手作りに凝ってたころの遺産~ティーコゼー

子どもが小さいときは、どうしてあんなにがんばれたの?
と思うことがあります。
子連れであちこち動くこともそうですが、
家の中でも、家事だってたいへんなのに(私だけ?)、
いろいろと手仕事をしていたなぁ、と懐かしく
思い出されます…^^

というのも、先日、押入れの断捨離にはげんでいたら、
こんなものが出てきたので…↓

teacover20141.jpg

あの頃、唯一のほっとできる時間が、
家族が寝静まった深夜か、まだ起きてこない早朝に
ゆっくりお茶でも飲みながら、本を読んだり、
手仕事をしたりすることだったので、
その癒しの時間のお供に…と作ったティーコゼーです^^

赤バージョンも作ったけれど、それは妹にあげたような
気がしたりしなかったり…。
たぶん、自分で使うというより、幼稚園かなにかのバザーか
フリマででも売ろうってことで作ったんだと思う。

今、こういうことする気力は…あんまり残っていませんね^^;
時間のほうは、あの頃より断然たっぷりあるのにね。
老眼、っていうこともあるけれど…。
やっぱり気力の問題ですね。

でも…なんだか、またちょっと作ってみたくなってきた!
ほんとに、自分の楽しみのために…。
針仕事はちょっと厳しいかもしれないけれど、
ずっとやってきたトールペイントも、
もうインクは全部ダメになっちゃったかもしれないけれど、
またやってみたい、という気持ちがムクムク。

今度は、友だちとの社交も兼ねて、じゃなくて、
バザーや何かのためでもなくて、ほんとに自分の作りたいものを
作りたいときに、作れるペースで、始めてみたいな…^^
社会性がない、とも思うけれど、もういいよ。
そういう意味付けは…。

今一番大切なのは、自由な心、素のままの魂。
それを感じて、それのままに、ひっそりとほくそえんで(笑)
自分の人生を楽しむこと。

それも、誰か他人に自分を認めてほしい、という気持ちから
自由になることが一番大切かも、と思った。
誰もにいい顔なんて、絶対できないよ。
そういう自分の無力さ、自己中心的な心に、
せめて恥を知っておこうと思います。

なんだか、明治期とか、戦前の日本の作家の本が
読みたくなってきました。
『花子とアン』とか、『軍師官兵衛』とか見てるからかな?
日本人の魂って、一体どういうものだったんだろう…?

サッカーを見ていても、サイエンスの世界のことを
見ていても、なんだか違和感のあることが多いので、
個人的なことなのか、歴史に由来しているのか
確かめてみたい気がしてきました@@;

あら?! ティーコゼーからはるかかなたに話が…><;
ほんと、自由な魂デスネ^^;;;

スポンサーサイト

テーマ : 心と身体のケアを大切に! - ジャンル : 心と身体

◆新しいお香とお香立て~^^

今日も朝からやや曇りがちな一日のはじまりですが、
先日、久々に日吉津のイオンに出かけて、
エスニック雑貨店「マライカ」で、お香とお香立てを
新調しました^^↓

okou20141.jpg

お香立ては、今まで使っていたのが木製で、
お香を刺す部分が、ちょっと焦げてしまっていたので、
今度は石膏?とガラス?でできたものを購入。
ヤモリ(イモリ?)の柄が気に入りました。

以前、バリ島へ旅行したとき、ホテルのいたるところに
ヤモリが壁にへばりついていて、
それが全然違和感なかったので、なんでかな?
と思っていたら、名前の通り、家を守る神様?
なんだそうです。ヤモリって…。

日本のわが家などでヤモリを見かけると、
部屋の中だろうが、外だろうが、
大騒ぎで駆除しようとすると思いますが、
なぜか、バリに居るときは、ホテルの部屋にいても、
何とも思わず、むしろカワイイ…とさえ
感じました…@@;

どうしてこれほど、居る場所の違いで
感覚が変わってしまうのか、ちょっと謎です。。。

そんなことが頭をよぎったのかどうかわかりませんが…
お店で見かけて、思わずカワイイ…とつぶやいて、
即購入を決めました^^

そして、お香のほうは、一つはその名も「POWER」
というだけあって、甘くフルーティな香りが、
南国のエネルギッシュな雰囲気を伝えてくれる
お香です^^

もう一つは、名前は読めませんが(笑)、
森林浴の香り~リフレッシュのお香、だそうです。
そう言われてみれば、深い森のような香り…。

日本のお香だと、販売会社のHPなどから、
だいたいの原料がわかるのですが、
今回購入したこれらのお香は、原料が…
よくわかりません^^;;

なので、香りも強いこともあり、火を使うこともあり、
小さなお子さんやペットのいる近くでは
あまり使わないほうがよいかな~という気がします^^;

私は個人的に、東南アジア文化にひかれるので、
インドネシアの思い出とともに、これからも
いろいろ購入したいと思っていますが…。
「マライカ」のサイトも上にリンク貼っておきましたので、
気になる方はそちらから…通販もやっているようですね。

ささ…異国情緒もよいのですが、こういう雨の日は
和の線香もよいものです。
どちらも私の日常には欠かせない、
大切なエッセンスなのです^^/

テーマ : ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆ - ジャンル : 結婚・家庭生活

◆夏休みも終わりますね…ーー;

夏休みも終わりですね…
今年の夏は雨続きで、夏という感じがしなかった><;
それどころか、広島では豪雨のため大災害になってしまい、
胸がグッと掴まれたままのような、ここ数日です。。。

金曜日には久々に晴れ間が見えて、神様の階段が…↓

yuuhi20141.jpg

そして、その後は素敵な夕焼け…^^↓

yuuhi20142.jpg

自然の姿は美しく、癒されるけれど…
そんな自然に対して、人間はするべきことを
しているのかな…と思ったり。

誰か特定の人が決定的に、何か良くないことをした
というより、一人一人の人間が、少しずつ、
自分に都合のよいように、自然を作りかえようとしたり、
操作しようとしたり、してきた結果なのかも…と思いました。

お金でも仕事でも、情報でも人間関係さえも、
なるべくたくさん、なるべくはやく、そして
なるべく自分の負荷が少なくなるように…

人間がエネルギッシュに効率的に、
そして利己的に活動すればするほど、
自然は傷ついていくと分かっていても、
やめられないのは人間の業なんでしょうかね。

それとも、自分一人くらい、これくらいは大丈夫、
と、楽観的なだけなのでしょうか。
あるいは、みんなやっていることだから…
今楽しいからそれでオッケー、ということなのでしょうか。

まあ、生まれ持っての傾向が大きいと思うのですが、
私は個人的に世の中の流れについていけないので、
悲鳴をあげてる自然のほうに、より共感を感じてしまいます。

いくら天気予報の精度を上げても、
生活するのにより安全な場所を確保しても、
今持っている価値観を手放さない限り、
根本的には何も変わらない気がします。

そういう小手先のことは、新たな格差を生むだけで、
結局、今までの価値観によって勝者・強者となっている人だけが
生き残るためのノウハウなんだろうなーと思ったり。

これからは、もっとシンプルに、ほんとうに大切なものは何か
しっかり考えて見つめていきたい…
こんなことを考えた週末でした。

テーマ : 健康で元気に暮らすために - ジャンル : 心と身体

◆なまった体に~ラジオ体操!

お盆休みも終わり、今日からまた仕事に学校に…
という方も多いのではないでしょうか。

一方、主婦のみなさんも、きっと「休み」とは
名ばかりで、「休み」の方々のお世話続きで、
…やっと終わった…とほっと一息、の朝を
迎えられている方も少なくないのでは…?!

↑私のことなんですが…^^;
そんな、休んだのか疲れたのかよくわからない
わが身にカツを!と思いたったのが、
「ラジオ体操」です^^↓


DVD付き 実はスゴイ! 大人のラジオ体操 (講談社の実用BOOK)

日本人なら、子どもの頃から、夏休みに半強制的に?
やってきたラジオ体操。私もみっちりやってきました^^
でも、あまりにも身近で、エクササイズ、という感じも
しませんでしたが、ブームになっているらしいので、
ダイエット効果を期待して、上記の本を購入してみました^^

ずいぶん前に買うだけ買って、ほったらかしだったのですが、
今回やってみて…こんなにテンポが速かったっけ?!
っとちょっとビックリ@@;…ついていくのがやっとです。
これも老化、なのでしょうか…><;

第一だけでもよいのですが、やっぱり第二も
やらないと、やった気がしないのは、
子どもの頃からの「すりこみ」でしょうか(笑)
この本のDVDには第一しか入っていないので、
第二もほしいなら、こちらの第二弾を購入したほうが、
よいかもしれません↓


DVD付き もっとスゴイ! 大人のラジオ体操 決定版 (講談社の実用BOOK)

私も見かけたら買ってみます^^
今持っている第一弾本誌のほうは、ラジオ体操の解説のほかに、
第一の動きをを取り入れた、ヨガやバレエの動きの
エクササイズも付いています。
私はまだやっていませんが…^^;

そして、先日TVを見ていたら、ラジオ体操第三!というのも
あるんですね@@;!
ちょっと難しすぎて、ラジオでは動きを伝えることができず、
普及しなかった、とのことでしたが…
TVで見る限り、面白そう!
どこかにDVDないかな~と今探し中です^^/

…さて。私の「ラジオ体操ブーム」はいつまで続くやら…^^;;

テーマ : 心と身体のケアを大切に! - ジャンル : 心と身体

◆暑い日のお散歩…松江城界隈^^

今日は台風の影響で、朝から松江も風が強く、
そろそろ雨も降ってきました…><;
あわてて洗濯ものを取り込んで、ふぅ…
こんな日なのに、家族はみんな、
仕事の出張やら、部活の遠征やらで不在。。。

無事に現地に着いたかしら…。
どうか、お天気持ちますように…。

ところで、先日、今日のように風があって
暑いながらもしのぎやすい日に、
近所に買い物がてら、お散歩に行ってきました。
そこで、松江ながらの?光景が…^^↓

sagitokamo1.jpg

ん~ちょっと見えにくいかもしれませんが、
内中原小学校近くの四十間堀川です。
なんと…サギとカモが仲良く日向ぼっこしている…@@;
等間隔に並んで、一番奥にサギ、手前にカモ数羽。
カモとサギ…仲良いのかな?
サギ、何か狙ってる? カモ、気をつけなよ…^^;

…なんて思いながら、暑い中お散歩しました^^
まあ、松江はのんびりとサギとカモも仲良く暮らしている、
ってことデス。

あ!@@…メインの買い物は、
お肉屋さん『きたがき』のメンチカツとコロッケでした。
おいしくて、お値段も手ごろなので、
もう、自分で手作りすることは放棄して、
もっぱらお世話になっています^^

松江城近くだし、結構有名だと思いますが…↓

きたがき←HPはこちらです^^

この日も、観光客らしい方々が、メンチカツを
片手に持って、ほおばりながら、お散歩されてました^^
一瞬、私もそうしようかと思いましたが、
地元のおばちゃんが一人でかじっても、
様になりませんね…^^;;

県庁、松江城近くにお越しの際は、
是非一度、おためしくださいね♪



テーマ : ちょっと、お出かけ - ジャンル : 地域情報

◆漢方系のアロマテラピーの本、読みました^^

アロマテラピーは元々西洋で生まれたもの…と
思っていましたが、名前は違えど、薬効のある植物を
利用する自然療法は、古くから、東洋にも
しっかりと根付いています^^/

中でも西洋医学とは、病に対しても、人間に対しても
違ったアプローチを行ってきた中国古来の医学、
中医学は、アロマテラピーの考え方とよく似た
療法であり、アロマテラピーと中医学の考え方や
方法を組み合わせて、よりいっそう、有用な自然療法を
提案したのが、本書『中医アロマセラピー 家庭の医学書』
です^^↓


中医アロマセラピー家庭の医学書-大切な人を守るための30トリートメント

私はこの本を読むにあたって、漠然とした疑問として、
「漢方と中医学はどう違うの?」
と思っていたのですが、検索サイトで調べたら、

中医学とは「現代の中華人民共和国を中心とする地域で
行われる伝統医学の一種」で、アーユルヴェーダ(インド
伝統医学)、ユナニ医学(ギリシャ・アラビヤ医学)とともに、
三大伝統医学に挙げられるそうです@@;

一方、漢方(医学)とは、大陸から伝来した中医学を
日本において独自に体系化したもので、日本固有の
医学、なのだそうです@@;

つまり、漢方のルーツも中医学にある、ということなのですね!
…ここまで、おさらい、というか確認したところで…
前述のとおり、この本はそんな中国由来の伝統医学である
中医学の考え方や方法をアロマテラピーの活用にとりいれた、
「中医アロマテラピー」を紹介した一冊です^^

全体の構成としては、まずは第一章で、
アロマテラピーの概要をおさらいして、
第二章では、こんどは中医学についてのレクチャー。
そして、第三章では、中医学における体質の見立てと
それにあうアロマテラピーの施術についての概要が
述べられています。

ここのところまでは、理論なので、ちょっと
難しいかもしれませんが、続く章では、
実際に中医学の知識を活かして、どのように
トリートメントを行い、どんな精油が有効か、
という実践法に入るので、気になる症状、
用法から、逆引きして読んでいってもよいかも
しれません。

一読して思ったのは、中医学においては、
症状だけではなく、それの一方の元になっている、
人間の心身の状態、体質について、深く見ていく
という点において、ホリスティックな視点を持つ
アロマテラピーとの相性がいいんだな、
ということです。

たとえば、「下痢」という一つの症状においても、
胃腸が冷えたことによるものや、ストレスに
よるものなど、その原因はさまざまであり、
同じ外的条件によっても、その症状が起こる人と
起こらない人がいるということも、経験上、
よく理解されていることだと思います。

そんなとき、中医学の知識が少しでもあれば、
特定の症状の中に隠れた、人それぞれの
体質的な原因に即した対処法が採れると
思うのです。

また、自分の体質を知ることによって、
予防、ということも意識することができ、
中医学の知識とアロマのケアで、
自分でコントロールできたり、症状を
軽くしたりすることもできそうです^^

もちろん、正しい活用をするには、
それなりの知識と経験が必要なのは
言うまでもありませんが、
この本は、アロマテラピーをより緻密に
実践していくための、新しい知識が視点、
そして方法を示唆してくれていると思います^^

なお、著者は、島根県出雲市出身の薬剤師さんです!
9号線沿いの「きらら薬局」さんで、
より詳しいお話やケアの方法など聞けるようです。
山陰道を斐川で降りて9号線沿いにあるので、
車で行かれたら、すぐにわかるのではないかと
思います^^



テーマ : 健康で元気に暮らすために - ジャンル : 心と身体

◆もう一人の師匠、内田彩仍さん^^

今日はもう一人の私の師匠
(もちろん、勝手に決めてるだけなんですが…^^;)
内田彩仍さん^^の本をご紹介します!

マンション住まいというのも同じだし、
家族構成も、小家族なので類似…(無理やり?)
違うのは、内田さんちが、素敵でセンスいいのに
わが家は…なところデス;;

内田さんの著作は何冊が持っているのですが、
この本は今年の春に出版された、
「最新の内田さん」の暮らしとお仕事がギュッとつまった
一冊です。↓


手しごと、家しごと (ナチュリラ別冊)

今回の本は、『手しごと、家しごと』と題されているだけあって、
内田さんが日頃しておられる、針しごとや、クラフト、
季節のお便りやアルバム作り、贈り物のラッピングなど、
内田さん風に手を加えた、暮らしの工夫の提案が
満載の一冊です。

また、「家しごと」の章では、
毎日のごはんの様子や手順、
おせちなど季節の食卓のしつらい、
お掃除や洗濯などの家事のコツなどまで、
日々の暮らしを、シンプルにスタイリッシュに
楽しみながら取り組むヒントが、これまた満載です^^

そして何より、そんな内田さん風の暮らしのテイストが
美しい写真と、心のこもった優しい文章で
おしゃれに、そしてゆったりと表現されているので、
見ているだけで、心豊かに癒される本でもあります^^

なかなか内田さんのように素敵にはできないのですが、
この本をヒントに、自分なりに工夫して、好きな空間を作り、
癒しの時間をすごしてみたいな~と思い、
手に取るたびに、そんなワクワクした気持ちがわいてきます^^

季節の自然を感じながら、暮らしを楽しみたい方に
ぜひお勧めの素敵な暮らしの一冊です^^

テーマ : ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆ - ジャンル : 結婚・家庭生活

◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック