◆やるべきことはやると決めること

この週末も、子どもの英語とサッカーの保護者会で、
少し対人関係食傷気味(笑)
加えて、朝からまた実家の母からの頼まれごとで、
ちょっと被害者意識が頭をもたげ、
一番弱い立場の(今は)母に八つ当たりしてしまった。反省。

どうしても、「なんで自分だけが…」という気持ちになったとき、
それを本当に自分がやるべきかどうか、原点に立ち返って、
シンプルな気持ちになって、
「やるべき」もしくは「やったほうがよい」と思えたら、
もうあとは言い訳や愚痴は後にして、
とにかく手をつけてしまうことが一番の解決策だと思う。

集団で何かをやるときに、そもそも「自分が」関わる、
という主体のない人、だれかがやってくれるのを
あたりまえだと思う人とは、何もシェアすることはできない。

だから本来、「自分が」関わっていることに、
大きな価値を置いてる人間ほど、より大きな役割を果たすべきだし、
小さな価値しか見出していない人に対して、
自分と同じ価値をもってもらおうと期待してはいけないし、
自分と同じ役割を果たしてもらおうとしてはいけない、
ということだ。

逆に、自分が関わっている場で、何もする気のない人、
もしくは、なるべく何もしたくない人は、
何も得ようと思ってはいけないし、口も出してはいけない。
ましてや、積極的に関わって、何か価値を生み出そうとしている人の
じゃまをするなどもっての他。

こう書くと、すごくあたりまえのことに熱くなっているようで
とっても恥ずかしいのだけど、
この当たり前のことが、あまりにも分かっていない人が多いので、
あえて言葉にして、何よりも私自身の自覚を促したい次第。

自分がその場で、どんな価値を生み出し、
何を周りに還元できるかを常に考えていこう。
他の人に何をしてもらうか、ではなくて、
自分が何を出来るかに悩むこと。
そして何をしたらよいかが分かったら、
グダグダ言わずに実行すること。

シンプルに、スピーディに、決断力を持って実行していきたい。

スポンサーサイト

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

◆心の鍛え方

あわただしい新年度も、少し平常のリズムに戻ってきたかんじ。
春休みはとにかく忙しかった。
父の入院・手術・退院の世話で、いろいろなことが先送りになり、
(もちろん仕方のないことなのだが)
子ども会のこと、子どものおけいこの世話などで
肝心のアロマの仕事や、児童文学の勉強がおろそかになってしまった。

こういうとき、お勤めをされている人は、
大概のことで休むわけはいかないので、
自然と回りも「仕方ないよね」と悟って、お役御免になるのでしょうが。。。
主婦というものは、家事・育児に関するすべてのことを
「やって当然」と、家人にも、他人にも思われているので、
それに対して「ノー」というには、けっこう勇気のいることです。

ただ感情を根拠にした「ノー」は、自分も後ろめたいし、
相手にも伝わりにくいのですが、優先順位を根拠にした「ノー」は、
自分にも相手にも、その正当性が理解しやすいと思います。

つまりは、「私は○○をまず第一にする人間です」ということを、
自他ともに認めることだと思うのです。
まず何より自分自身が認めることが肝心。
それは、「やりたくないことをやらないための言い訳」
ではなくて、本当にやりたいこと、やるべきことを
自分がまず知って、決めること。

私の場合はアロマと児童文学。
今はまだ誰の役にも立っていないけれど、
これから少しでも多くの人に、これらのことで
役に立っていきたいと思っています。

この部分を質量ともに、一日の中心に置いていくためには、
まず時間をしっかり決めなければ。

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

◆心あらたに…

今日から子どもたちは新学期。
私もやっと日常のペースに戻れるかと思うと、ちょっと嬉しい^^

去年の春休みは引越しがあったので、
バタバタと過ぎていくのは仕方がないと思っていたけれど、
今年もある意味、去年以上にいろいろとやることがあって、
あわただしくも充実した春休みになりました。

息子も、宿題の出ない春休みなので日常のベースは遊びだったのですが、
休み前に決めた予定はほぼ完遂したみたいで、よかった!
しかし私のほうは…休み直前に父が入院したり、
子供会やお稽古事の用事に忙殺されて、
肝心なアロマのお仕事や、ためていた家事などがこなしきれず><;

しかし、新しいこと(こちらから求めていないことも含めて)をやると、
それだけパワーがつくのが自分でも分かります。
「やろうかどうしようか」と悩む間もなく、

とにかく、「やる」。

それだけで、次の新しい次元が開けてゆくのかもしれません。
今できることに一つ一つ取り組んでゆくこと。
考えてみれば、それしかできないのだから。。。
そう思うと「できない」ことも無いのかもしれません。

「やる」か「やらない」か、どちらか一つ。

新しい春。スタートの春。
新しいことが当然の季節だから、
新しいことを恐れずに取り組んでいきたいものですね^^


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック