★話題の『キッパリ!──』ためしてみた?

◆自分を変える難しさを感じる日々…。
 今、お昼のTVドラマ放映中で話題の『キッパリ!──』を読んでいます!
 この本が出版されてベストセラーになったときは、さわりだけ読んで、内心、
 「こんなベタな方法で、自分を変えられたら苦労しないよ~」
 と思っていたのですが…。

キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法 キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法
上大岡 トメ (2004/07)
幻冬舎
この商品の詳細を見る

さて、実際に読んでみると…、とにかくじっとしていられない気持ちになるのですね!
本の内容は超具体的で、いわゆる精神論、人生論ではありません。
全体は大きく5つのパートに分かれています。その内容は──

 ・身のまわりから、変えてみる!
 ・頭のなかから、変えてみる!
 ・気持ちから、変えてみる!
 ・カラダから、外見から、変えてみる!
 ・コミュニケーションから、変えてみる!


思ったより素直な気持ちで、「ちょっとやってみようかな♪」
という気持ちになりました(^^)
手をつけやすい部分からやるか、苦手分野から片付けるかは人それぞれ。
後まわしにしがちなパートを知るだけでも、新しい自分発見につながるかも。

ちなみに私の不得意分野は…やはり「コミュニケーションから、変えてみる!」です!
ま、ほかの部分をがんばったあとに、手をつけよう…♪
チェンジ、チェンジ、チャンス!!
スポンサーサイト

★人を変えるのは食べ物!~マクロビオティックの本を読みました

今日も晴天で気温が高く、絶好のお出かけ日和だったのですが、
花粉症のため鼻が激不調だったので、おうちでゆっくり。
レメディやアロマの本をパラパラと読んだり。

毎年この時期は、自分も周りも変化の季節で、
やりたいことややらなければいけないことが、
たくさ~んあるのですが、いつも体調がイマイチのことが多く、
びしっと?決めたいことも決めきれず。
気持ちに身体がついていかず、ダウン、というパターンです。

なんとかこの悪循環から逃れたい、と思っていたら、
今読んでいるマクロビオティックの本の終わりの部分に、
印象的な言葉を見つけました。

本の名前は『久司道夫のマクロビオティック入門編』。
その最後の方に、

真に世界を平和にするためには、世界中の人の人間性をよくしなければ不可能なのです。
(中略)
人は環境から受け取れるものによってつくられます。
しかし、人が受け取るもののうち、本当に自由な選択をできるものは食べ物だけです。
つまり、人がよくなろうとして変えられるのは、食べ物だけなのです。


という一節がありました。

世界平和のことまでは分からないけれど、
私自身の体調と気持ちは、食べ物を変えることで、
かなり変わるかも?! とこの本をよんで自然にそう思えました。

少しずつマクロな食生活を実践していければ、と思います。
まずは玄米食以外にも、穀類を食べてみようかな。

わが家の春はマクロビオティックからスタートです(^^)



テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

★新しいレメディでトリートメントボトルを作りました~その2

今日から3月が始まりました。
私は20年来の花粉症に悩まされていて体力的に苦しい時期なのですが、
今朝はなぜか、すっと4時ちょっと前に目が覚めて、
そのまま気持ちよく起床することができました。なぜかしら?

今日も快晴で、暖かくなりそう。
ウォーキングはしばらくおあずけだけど、
ベランダガーデニングは出来そうな予感です(^^)

さて、新しいトリートメントボトルの話の続きです。
今回もメインのレメディは<ワイルドオート>ですが、
ほかに2種類のレメディも入れました。

その二つとは、<ラーチ>と<レッドチェストナット>です。

 ◆ラーチ…
  自信を失くして、自分を必要以上に低く評価している状態に対する
  レメディ。自分の資質と能力を現実的に評価し、困難があっても、
  粘り強く続けることができるよう、助けてくれるレメディ。

  
 ◆レッドチェストナット…
  家族や大切な人のことがいつも気になって、心配で仕方がない状態
  を改善するレメディ。不安に陥ることなく、他者を世話し助けるこ
  とができるようになる。不安がっている人に対して勇気を吹き込む。


ラーチのほうは、かなり自信をもって(笑)今の自分に必要だと確信しているのですが、レッドチェストナットのほうは、親の問題が私にとっての大きな心配の種であることから選んだものの、「心配でたまらない」という愛情深い状態ではないようにも思えるので、果たして適当なレメディかどうかは、あまり確信がもてていません。

しかし、私の中の暗い部分は、かなりの割合で親との関係が占めているように思うので、この部分から逃げずにしっかりと向き合っていかなければ、という気がするのです。

もっと深い理由が隠れているのかもしれませんが、まずは、あまり幸福とはいえない状態にある親への気持ちを、できるかぎり明るく前向きで、建設的なものにしたいと願っています。

トリートメントボトルが無くなるのは、およそ一ヶ月後。
果たして、どんな心境の変化(願わくば現実的な変化)があるのか、
今は期待と楽しみのほうが大きいのです。

テーマ : スピリチュアル・ライフ☆ - ジャンル : ライフ

◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック