<仕事>についての再考~その2

今日は久々にあたたかい日差しに恵まれた一日。
やっぱりお日様はありがたいです。特に寒くなってくると…。
連休に温泉旅行に出かけて、癒されたはずなのですが、
長時間、車に揺られたせいか、ちょっと腰が痛い☆

フラワーレメディは個々の身体的症状そのものに対応するのではなく、
その症状の根本的な原因である精神的な部分に作用するもの。
とはいえ、身体に不調があると、また気分も落ち込み、
さらに体調が悪化し…の相乗効果?になってしまうので、
今日も、レメディが手放せません。

さて、前回に続いて<仕事>についての反省です。

前回書いたように、今までの私にとって<仕事>とは──
第一にお金を稼ぐため、そして
第二に自己実現のため。
それはごくあたりまえのことでした。
しかし、そんな仕事が辛くなった。
そのとき「あーやっぱり私はダメなんだ」と思う人は、
私だけではないでしょう。

でも、仕事が辛くなったり、
うまくいかなくなったり、
働けなくなったりしたときに、
「自分が悪い」と決めつけることは、ちょっと違うのかもしれない、
と今は思えます。

そこには<よい>も<わるい>もない、
何らかの理由があるのかもしれない。

そこにはあるのは何らかの<無理>。

その<無理>の本当の所在をつきつめて、
変えたければ、変える、
逃げたければ、いっとき逃げる。
それが人の自然の姿なのかも…と思え始めました。

そして私は、逃げ続けてきたのです。








スポンサーサイト

<仕事>についての再考~その1

ワイルドオートを飲み始めてほぼ一ヶ月、
急激に変わった、という感じはありません。
でも少しずつですが、自分の毎日の意識と行動が変わってきたな、
とふと思うことが出てきました。

この前にも書きましたが、
ワイルドオートは、自分の願いがはっきりせず、
自分の使命や役割がつかめないタイプの人間、
あるいは状態に対応するレメディです。

思い起こしてみると、それは私の職業生活に、
すごくはっきりと表れていると思われます。

なにかをめざして勉強したり、
実際に仕事として始めてみたりするのですが、
よいところまでいっても、必ず途中で辞めてしまうのです。

その辞める理由は一定ではありません。
試験に落ちたこともあるし、
体調を崩したり、転居したり、など物理的な理由もありました。
同僚や上司とうまく人間関係をつくれなかったり、
もちろん、自分の意志で「やめたい」と思って、
辞めたこともあります。

しかし、理由はどうであれ、
「やめた」という点では、同じです。
「出来なかった」からやめたのか、
「やりたくなかった」からやめたのか、
厳密にいえば違うのかもしれませんが、
ふりかえってみると、どんな形であれ、
それは自発的な想いであり、行為です。
最終決定をしたのは自分なのですから。

仕事が続かないのは、自分の欠点。
でも、それが何故なのか、真剣に考えたことが、
あっただろうか。

そもそも<仕事>ということについて、
明確な目的意識どころか、自分のほんとうの気持ちを
ふりかえってみたことが、ありませんでした。

私にとって<仕事>とは──二つの目的がありました。
それは、第一にお金を稼いで生活していくこと。
そして、第二に、自己を実現する場であること。

しかし、そもそもここが間違っているのではないか。
そう感じられるほど、バッチフラワーレメディの創始者、
バッチ博士のメッセージは、
私にとってインパクトのあるものでした。





◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック