◆マイ・ファースト・レメディ

今日も、ものすごくよい天気(@_@)!
身体を動かすと、汗ばむほどの秋晴れです。
社宅の駐車場は朝からがら~んとしていて、
みんな、行楽にお出かけなのですね(^^)

わが家は、今日も特に予定もなく、
空いているうちに、と朝からスーパーや書店に
ちょこっと買い物に出かけ、
あとは家でゆっくり、という計画。

「出たがり」の夫はちょっと不満そうですが、
これはこれで、贅沢な休日、ですよね(^^)

ところで、先日、注文していたレメディの本が届き、
また楽しんで読み始めたところです。
読み終わったら、また感想などアップしたいと思います。

それから、知識先行で始めたフラワーレメディですが、
先月から、いよいよ?レメディ体験、始めました(*^_^*)

バッチフラワーレメディには、38種類のレメディがあり、
一つ一つのレメディが、それぞれ違った、
否定的な感情や性質に対応しています。

前にも書きましたが、バッチフラワーの本を読んでいると、
最初はすべてのレメディが、自分にあてはまるような
気がしたものですが、読みすすめるにつれて、
より自分に近い、というか、
今の自分にとって緊急度の高いレメディがある!
と思えるようになりました。

私の場合、それは<ワイルド・オート>と呼ばれるレメディです。

このレメディが対応するのは、
「人生の曲がり角にたって、次の一歩が踏み出せない状態」
にある人に対してです。
先日読んだ『バッチの花療法』の中では、さらに明確に、

「ワイルドオートのタイプは、いつもゴールを探し求めながら
 達することのできない永遠の学究の徒です」

と、書いてありました。

これって、まさに私のこと!とワイルドオートの頁を読んだ瞬間に、
そう思いました。
自分が最も「できる」ことで、人の役に立ちたい。
そう思いながらも、それが何なのか、ずっとわからずに、
ここまで来てしまい、いつも後ろめたい気持ちを
忘れられずにいるのが今の私です。

フラワーレメディを手がかりに、もう一度、自分の役割・使命
について考えてみたい、という気持ちが強くなってきたのです。

スポンサーサイト

◆フラワーレメディの通信教育、始めました。

今日は、久々の青空が広がりました。
外に出てみると、風はかなり冷たくなってきていますが、
それでも、爽やかな秋晴れでした。

久々に近所の友だちと1時間ほど、
ウォーキングに出かけてみました。
なんだか、身体が軽くなった感じです。
朝起きたときから重かった肩も軽くなって、
血行もよくなったみたいです(^^)

ところで──
先日フラワーレメディの本を一冊読んでみて、
全部が理解できたわけではないのですが、
まだよく分らない部分も含めて、
強く心惹かれるものがありました。

それで、もう少し深く学んでみたいと思い、
バッチ国際教育プログラム(BIEP)のコースで勉強を始めました。

フラワーレメディを学べる講座は、
アロマセラピーの学校や、アロマ製品を取り扱っているお店などに、
いくつかあるのですが、

英国のバッチセンターの認可を受けている唯一の機関である、
バッチホリスティック研究会が主宰しているということで、
このコースで勉強してみようと思いました。

田舎に住んでいるので、一部が通信教育で学べるという点も、
大きなポイントです。

理解が続くかどうか、少し不安はありますが、
自分の問題を考えながら取り組めるので、
日々、新しい発見があります。

また、勉強を通じて気付いたことなどを、
少しずつつづっていきたいと思っています。

◆フラワーレメディの本、読みました…

★フラワーレメディに興味をもって以降、
 初めて手にした本を、やっと読み終わりました。
 その本は──


バッチの花療法 その理論と実際

bachremedies1..jpgこの本は、バッチの花療法についての
基本的な理論から始まって、
38種の花の治療薬(フラワーレメディ)について、
どんな人に、どんなときに使うのか、
その効能や、実際に選ぶときの注意点などについて、
詳細に書かれています。

フラワーレメディについて、初めて読む本にしては、
ちょっと重厚かな、とも思われましたが、
一読してみて、その広く深い世界にますます惹かれました。

38種類もあるレメディについては、
最初は、どれも自分の性格にあてはまるような気がしたのですが、
読みすすんでいくうちに、より今の自分に近く、
自分に必要なレメディは、これかな?と思えるようになりました。

バッチフラワーレメディは、
大きく7つのカテゴリーに分かれていて、
<不安><淋しさ>などのグループがあるのですが、
そのなかでも、その原因や対象によって、微妙な違いがあるのですね。
このレメディについての解説を読みながら、
今までこんなに詳細に、自分の気持ちを見つめたことが、
あっただろうか…とふと思いました。

レメディはやはり、私の<ほんとう>を
知るてがかりになるのかも…そう思えてくるのでした。



◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック