◆週明け、さっそく仕事初め~^^

日曜日に入学式を終えて、帰ってきたと思ったら、
もう新年度。
夫は今日から新しいメンバーでの仕事なので、
やや緊張気味に、出勤していきました。

いつもなら、朝食は私一人が出遅れて、
息子のお弁当を作り終えたころ、BSの朝ドラが
始まり、私が朝ドラを見て朝食を食べ始めたころは、
夫も息子も出かける準備ですでに食卓に姿はなく。。。

そういう朝の風景だったのですが、
あんなに苦痛だったお弁当作りも、もうすることはないんだ、
と思うと、やっぱりなんだか、淋しいものです><;

すぎてしまえば、あれがやりがいだったんだ、
幸せだったんだ…と気づくのです。
そして、夫と二人の朝食。
ゆっくりBSの朝ドラと、また始まった火野さんの
自転車の旅を見ながら。

…これも悪くないですね^^
ただ、これからは、私の生活、私の人生に
もう言い訳はできない、ということ。
それだけは身に沁みています。

今までは、「息子のため」という大義名分があって、
フルタイムの仕事をしないことも、
父母の介護にあまりかかわらないことも、
その大義名分のもとに一部逃げていたのですが、
これからはもう、それは無し!

もちろん、まだまだ息子のフォローはしますが、
息子本人にも言われたように、もう
「自分でできる!」ことがほとんどなので、
自立を妨げる手助けは無用です。

幸い、ちょっと距離ができたので、
目のまえの息子に手を出したい、という誘惑は
少しは免れるのではないかと思います。

そして幸い、息子以外にも、私を必要としてくれる
家族や友人・知人、そしてお仕事のゲストがおられるので
今までのバランスを変えて、それぞれの存在と
よい関係をつくり、大切にしていきたいと思います^^



スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆ハンドトリートメントは…眠り薬?

今日は朝から、トリートメントの手技確認のために、
ハンドトリートメントのDVDを見ながら、
セルフトリートメントをしていました^^

ほんとは誰か他の人にやってもらうのが一番なんですが、
自分で施術していても…気持ちよくて、
突然、睡魔がおそってきました><;

まあ、今朝は4時半起きだったので、無理もないのですが…
それにしても、たかがハンドトリートメントと
侮るなかれ…ん?誰も侮ってないけど…^^;

フルボディのトリートメントもたしかに極楽だけど、
知らない他人同士がいきなりフルボディ、というのも
女性同士だとはいえ、ちょっと敷居が高いかもしれませんね。

私も自分が受けるとしたら、よほど信頼しているところでないと、
受けないかもしれません。
お値段も万近く(あるいはそれ以上)するしね…。

そう考えると、ハンドトリートメントというのは、
初めてアロマトリートメントを受ける方には
お試し感覚で、手ごろかもしれません。
トリートメントオイルもお持ち帰りいただければ、
帰宅後、自宅でセルフトリートメントもできるし…。

気に入れば、ほかの部位もしてみよう、
と思っていただけるし?

トリートメントはゲストの方だけでなく、
施術者も、とっても癒されます。

もっと気軽に、受けていただける努力をしなくては!

テーマ : 心と身体のケアを大切に! - ジャンル : 心と身体

◆漢方系のアロマテラピーの本、読みました^^

アロマテラピーは元々西洋で生まれたもの…と
思っていましたが、名前は違えど、薬効のある植物を
利用する自然療法は、古くから、東洋にも
しっかりと根付いています^^/

中でも西洋医学とは、病に対しても、人間に対しても
違ったアプローチを行ってきた中国古来の医学、
中医学は、アロマテラピーの考え方とよく似た
療法であり、アロマテラピーと中医学の考え方や
方法を組み合わせて、よりいっそう、有用な自然療法を
提案したのが、本書『中医アロマセラピー 家庭の医学書』
です^^↓


中医アロマセラピー家庭の医学書-大切な人を守るための30トリートメント

私はこの本を読むにあたって、漠然とした疑問として、
「漢方と中医学はどう違うの?」
と思っていたのですが、検索サイトで調べたら、

中医学とは「現代の中華人民共和国を中心とする地域で
行われる伝統医学の一種」で、アーユルヴェーダ(インド
伝統医学)、ユナニ医学(ギリシャ・アラビヤ医学)とともに、
三大伝統医学に挙げられるそうです@@;

一方、漢方(医学)とは、大陸から伝来した中医学を
日本において独自に体系化したもので、日本固有の
医学、なのだそうです@@;

つまり、漢方のルーツも中医学にある、ということなのですね!
…ここまで、おさらい、というか確認したところで…
前述のとおり、この本はそんな中国由来の伝統医学である
中医学の考え方や方法をアロマテラピーの活用にとりいれた、
「中医アロマテラピー」を紹介した一冊です^^

全体の構成としては、まずは第一章で、
アロマテラピーの概要をおさらいして、
第二章では、こんどは中医学についてのレクチャー。
そして、第三章では、中医学における体質の見立てと
それにあうアロマテラピーの施術についての概要が
述べられています。

ここのところまでは、理論なので、ちょっと
難しいかもしれませんが、続く章では、
実際に中医学の知識を活かして、どのように
トリートメントを行い、どんな精油が有効か、
という実践法に入るので、気になる症状、
用法から、逆引きして読んでいってもよいかも
しれません。

一読して思ったのは、中医学においては、
症状だけではなく、それの一方の元になっている、
人間の心身の状態、体質について、深く見ていく
という点において、ホリスティックな視点を持つ
アロマテラピーとの相性がいいんだな、
ということです。

たとえば、「下痢」という一つの症状においても、
胃腸が冷えたことによるものや、ストレスに
よるものなど、その原因はさまざまであり、
同じ外的条件によっても、その症状が起こる人と
起こらない人がいるということも、経験上、
よく理解されていることだと思います。

そんなとき、中医学の知識が少しでもあれば、
特定の症状の中に隠れた、人それぞれの
体質的な原因に即した対処法が採れると
思うのです。

また、自分の体質を知ることによって、
予防、ということも意識することができ、
中医学の知識とアロマのケアで、
自分でコントロールできたり、症状を
軽くしたりすることもできそうです^^

もちろん、正しい活用をするには、
それなりの知識と経験が必要なのは
言うまでもありませんが、
この本は、アロマテラピーをより緻密に
実践していくための、新しい知識が視点、
そして方法を示唆してくれていると思います^^

なお、著者は、島根県出雲市出身の薬剤師さんです!
9号線沿いの「きらら薬局」さんで、
より詳しいお話やケアの方法など聞けるようです。
山陰道を斐川で降りて9号線沿いにあるので、
車で行かれたら、すぐにわかるのではないかと
思います^^



テーマ : 健康で元気に暮らすために - ジャンル : 心と身体

◆珍しく忙しい一日でした~アロマの教室など

昨日は珍しく忙しい一日。
午後からアロマの教室だったので、
午前中は、教室の準備をしたり、
掃除など家事を片付けたり。

お昼前に友だちから電話があって、
ひとしきり、子どもたちのことなど話す。
成績のこと、友だち関係のことなど、
お互い悩みは尽きないが、
子どもたちが元気でいてくれることに、
感謝しなければね…と話す。

それなのに、今日も夜、また息子とやりあった…><;
中間テストの成績が今までになく芳しくなかったので、
最初は、お互いに冷静に話して、
息子も、自分でよく考えてみる、と
一旦うまく前向きな結論に落ち着いたのに、
またしばらくして、携帯をいじっていた息子に、
私が切れてしまったのだ…><;

せっかく自分で前向きになったのに、
息子の行動を待てなかった私…><;
これはやっぱり、息子のことを信用してない、
ってことなんだろう。

私も親から成績のことや、友だち付き合いのことで
うるさく言われて嫌だったはずなのに。
おんなじことを自分の子どもにも
しっかりやっているんだね…。
進歩がない><;

いろいろな子育ての本を読んでも、
そのときは、「うん、なるほど!」と思って、
そこに書いてあるよいことを理解したつもりでも、
実際に実行する段になると、やっぱり、
古い自分の習慣から抜けられない。

でも、もうそろそろいいんじゃないか、
と思えてきた。
まずは、「やめること」から初めてみよう。
そして「いわないこと」。

まったく言わないのは無理だけど…
努力してみよう><;

何も期待しない、というスタンスが一番楽なのだろうけど、
やっぱり、できれば自分の好きなこと、得意なことをして
そして社会で役立つ人間になってほしい、
と思ってしまう。
これも親の勝手な願望なのかな、と反省。

自分が実現してないから、子どもに期待して
しまうのだということもわかっているのですが。

でも、実際、子どもにしてあげれることって、
もうほとんどないのだな、と実感。
せいぜい、毎日ごはんを食べさせて、
成人するまで養うことくらい。

…がんばろう…。

テーマ : 心と身体のケアを大切に! - ジャンル : 心と身体

◆子ども会のアロマ教室^^

大雨から一夜明けて、被害の全容が徐々に明らかに…。
今までの自分が体験した洪水の被害を思い出し、
大変さが身に沁みる><;

ほんとに、水が出るときは、あっという間、
というのが体験した実感です。
まだ大丈夫、とは思わずに、すぐに避難、です><;

S48年のときは、水没した道路を船に乗って、
お寺まで避難して、そのままお泊りでした…。

今日は雨が心配でしたが、小学校の子ども会で
アロマの石けん作りのお手伝いを頼まれていたので、
朝から、懐かしい子どもの母校へ。。。

やっぱり子どもはみんなかわいい><;
小学生くらいが一番いいですね~
講師業は慣れていないので、みんなに助けていただきながら…。
なんとか無事?終了。

それにしても、子どもはやっぱり天才。
自由で純粋でかわいくて。
このまま「自分の感じ」を忘れずに大きくなってほしいな。

家に帰ったら、反抗期真っ只中の息子ちゃん♪
お腹をすかせて待ってたよ。。。

午後は1時間半ほど昼寝。
午睡後はテキパキできるので、
夏は思い切って寝るにかぎる!
…ぜいたくね…。

明日はまた歯医者。
そして7月も終わっていく。。。
昨日寝る前に、夫と息子と三人で、
夏休みの過ごし方(息子の)について
ちょっと話し合う。

なんとか充実した夏休みにしてほしいから。。。

テーマ : 心と身体のケアを大切に! - ジャンル : 心と身体

◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック