FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆子どもたちの笑顔は、天使。。。

一昨日からの寒波で、昨日も朝から吹雪でしたが、
かねてからの予定で、養護学校の校外学習のお手伝いに
出かけてきました^^/

車でも行けるし(予行演習した^^)、バスの時間や乗り換えも
確認済みだったので、吹雪でも比較的安心?して出発できた。
結局、一日氷点下で、積雪は少なくても、アイスバーンで、
逆に車は危険だろうと判断して、バスで行くことにした。

家からバス停までの時間も(20分くらい)計算していたので、
ちょうど良い時間に着くこともできたのだが、
悪天のせいか、乗る予定のバスが10分くらい遅れたので、
「もしかして、間引き運転? 事故でもあったのか…?!」
と例によって、ちょっと動揺したけれど、別のバスで乗り継いで…
とスマホで調べようとしたところで、無事バス到着。

こんな雪なのに、バスはガラガラで、
多くの人が車で出かけたのだな…と、冬はそこそこの悪天の
この地方の人の逞しさをあらためて感じた。
やっぱり、若い時に都会で楽したせいか、
車の運転は苦手です><;

そして、現地に着くと、まだ私しか来ていなかったので、
カギをもらって、実習の設営を一人でコツコツと。
…嫌いじゃない、この感じ!

大勢でワイワイ、あーでもないこーでもないと、
共同作業するのが好きな人もいるけれど、
私には無駄な時間のように、いつも感じてしまう。
こんなのひとりで十分だわ…まあ、規模にもよるのでしょうが。

…やっぱり勤め人は無理だな、と感じるのがこんな瞬間。
もしお勤めするとしたら、自分で決めて動ける仕事でないと、
私は決して動けないだろう。忖度もできないし、
ほんとに意味があると思ったことしかできないから…><;

でも、昨日、障がいのある子どもたちを見ていて思った。
ほんと、天使だ。
ビーカーに水を注ぐだけで、手を叩いて笑ってくれる。
こんな子どもがいるだろうか…。

もちろん、毎日の生活の中での心身の介助をするご家族は、
日々の介助のたいへんさもさることながら、
今後、子どもとともに歳をとっていく自分やその他の
家族のことを考えると、物心両面での不安は大きいと思う。

学校があるうちは、公的な機関もある程度、補助してくれるけれど、
それ以降は?…社会、地域で安心して暮らしていけるシステムが
あるのだろうか…。
介護といっしょで、家族が世話するのがあたりまえ、という流れが、
お役所主導ですすんでいるのではないか…そんな気がする。

誰もが、そういう可能性があるからこそ、今、困っている人、
助けがいる人を、みんなで支えられるシステムが必要だし、
それは税金で食べている人の、大切な仕事だと思う。

で、私は何ができるんだろうか…こういうボランティアしか
出来ていない自分を歯がゆく思った。
私が「天使だ~」と感動することは、立場が変われば
ちょっとイラッとしてしまう「他人事」な感想だろう。

「そんな悠長に感動できる自由があって、いいね」
と思われるだけかもしれない。

何か、いいことが自分の手でできないか…。
そういう思いが残った、昨日のお仕事でした。。。



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 働き方 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 仕事

◆久々に仕事モードの週末でした…^^;

あっという間に新年も2週間が経ち、
この週末は大学入試センター試験でしたね…^^;
受験生のみなさん、ご家族のみなさん、
たいへんお疲れ様でした…。

去年はわが家も一名受験生がいて、
バタバタ、イライラ、フワフワの時期だったと思います。
…一年前のことなのに、すでにはるか昔の出来事のような…ーー;
ほんとに、のど元過ぎれば…のわが家です。

土曜日は久々に(笑)アロマの資格講座の仕事があり、
初めてお会いするゲストの方に、午前、午後と
ハードな資格講座をさせていただきました。

いつも思うのですが、アロマの仕事は、このような講座も
そしてもちろんトリートメントサロンも、サービスを提供する
仕事なのに、終わってみれば、教えたり施術したりする
こちら側が、得させてもらうもののほうが大きいのです。

講座の生徒さんからは、ご自身の仕事のこと、
子育ての事など、その方にしかない貴重な経験を
教えていただいたりして、ほんとに、
一つの決まった正解はなくて、いろいろな道が
あるのだなぁ、と感心することばかりです。

どうしても、自分自身の仕事や子育て、そのほかの
生活のこまごましたことの決断でも、
せっぱつまったときほど「このやり方しかない」、
「これしかない」と視野が狭くなりがちです。

もちろん、個人差はありますが、同じ一人の人のなかでも
自分一人、家族の中だけで、物事を決めたり、
実行したりするときより、第三者や公的な機関や人に
話を聞いてもらうだけでも、違う決断や解決方法に
たどり着ける場合があるのはたしかなようです。

私はたぶん…平均よりも、視野が狭くなりがちな人だと
自覚しているので、感情コントロールをもっと上手く、
というのが今年の(というか、今後ずっとの)目標の一つ。

感情、といえば、昨日は息子が用事で連絡をくれたので、
久々に電話で息子の声が聞けてラッキーでした^^
余分なことは話してくれないけれど、
大好きな(笑)アイドルの話は少し盛り上がり。

そろそろ初めてのひとり暮らしの一年がすぎようとしています。
それなりに困ったことや心細いこともあったと思うけれど、
あまり表に出さず、淡々と、勉強に、遊びに、楽しめたようです。

教室に来てくださるゲストの方のお子さんへの対し方など、
すごく勉強になったので、私もあと少し、
息子へ手渡したいものを、しっかり手渡せるように
がんばりたいと思いました。



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : アロマテラピー - ジャンル : 心と身体

タグ : 仕事

◆ヒマな主婦のボランティア精神にも限度がある

このところ、12月とは思えない寒さで、
いつもにもまして、すっかり出不精になっています…^^;

よくTVなどで、お年寄りの生活が流れているのを見ると、
私の今の生活は、すでにお年寄りの生活に近いかも…
と思ってしまう^^;;

自営でやっているアロマの仕事は、
生活のためというより、生きがい、道楽…よく言って
ボランティアに近い感じだし、再就職も
夫が働いてくれている安心感で、切実とは言えない…ーー;

一言で言うと、恵まれすぎです…><;
まあ、若い時は徹夜厭わず働いたり、
フリーランスの辛さも知っているので、
まったく楽に生きてきたわけではないけれど。
それにしても、いろいろな人に守られてきたな、
とつくづく思います。

でも、この歳から守りに入ると、きっと先細りだし、
思いがけないことがあったら、一気に危険水域に
入りそう…物理的にも、精神的にも…。

今朝、夫と話していて、同世代の同僚の話になり、
夫と同期の女性管理職の方は、結婚しない人や
していてもお子さんのおられない方がほとんどだそうです。
そういう時代だったのですね…。

政府の言うように、女性管理職をたくさん任命したくても、
産休や転勤の回避、それに本人があまり厳しい部署に
行きたがらなかったりで、キャリア形成が遅れてしまうそうです。
また、たとえ管理職になっても、逆に手当が減ったりして、
昇進するメリットを感じない女性も多いそうです。

しかも、そんな「バリバリ仕事一筋」の人、
つまり本人が仕事に生きたいから、結婚もしないし、
子どももいらない、という生き方をしている人が、
職場の空気として、あまり評価されていないような
雰囲気もあるようです。

私自身の気持としては、もちろん、あくまでも、
仕事に対してはきっちり平等に評価してほしいのですが、
やはり同じ年代でも、仕事と子育てを両方やっている人のほうが、
頑張り度の分も加味されて、評価が高いようなきがします。
ましてや、もっと若い世代の女性は、もう
両方やって、あたりまえ、という空気でしょうね。。。

それは単に、仕事の評価、というより、生き方として、
仕事だけをしている人は、両立(あまり好きな言葉ではないですが)
している人より、好感度が低いように感じます。
もちろん、私のようにほぼ専業主婦(化石ですね^^;)の人とは
仕事としての価値も好感度も、比べる対象にはならないでしょうが…。

私は個人的には、仕事だけに一生を捧げる人の生き方は
潔くて、素敵だと感じています。
あえて、家族を作らない生き方、それほどまでに
自分がするべきことに没頭することによって生まれるものは
きっとその人にしかできない価値があるのではないかと。

なので最近の、子どももなるべく複数産んで、
仕事も正社員でフルタイムで管理職にもなって…
というのが女性の生き方のめざすべきモデル…みたいなのは
なかなか、多くの女性にとって、また同じ、
外からの価値観の押し付けになるのでは、と感じます。

一つの生き方としてよいと思うし、そうしたい人を
社会が応援するのは悪くないけれど、
仕事かそれ以外の生き方か、どちらか一方を選ぶ、
あるいは、その比重を自分で選ぶことを
自由に選択できる社会、それを普通のこととして、
差別されない社会が一番健全ですね。

応援、という割には、待機児童の問題一つも
解決できない公の仕事って一体…まずはそこからでしょう。
入試じゃないんだから、入れる人と入れない人が存在する
っていうこと自体、差別ではないでしょうか。

介護も育児も、どこかのヒマな主婦にボランティアで
押し付けることを逃げ道にしている限り、
問題はずっと先送りされるしかないでしょうね。。。
主婦のボランティア精神にも限度があります^^;

まあ、働いた者勝ち。
それも元気で動けるうちの話です。



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

タグ : 仕事

◆シニアの就活、第一歩!~就職サポートセンター

この週末は、お天気がよくて、今シーズン最後の
紅葉狩り日和だったのに、家族共々風邪気味だったので
家でゆっくり、TVを見たり、片づけをしたり(少し…^^;)。

おかげて、ずいぶん楽になってきましたが、
まだ咳が切れません><;
夫は私より2~3日早い感じで回復していて、
昨日は夕方、軽めのランニングに出かけました^^

今日も、休むことなく仕事に出かけてくれて…感謝です><;
私も、先日来の友人からの仕事紹介をきっかけに、
自分もこのまま何も社会貢献もせずに一生を終えると
きっと後悔するだろうな…と実感できたので、
少しずつ就活していこうと思っています^^

それで、というには小さな一歩ですが、
今日は午前中、就職関連の機関に相談に行ってきました^^↓

shigotosagashi20171.jpg

私の住んでいる地域では、「ミドル・シニア就職サポートセンター」
と呼ばれる、中高年の就職・再就職を支援してくれる
専門の機関が設けられています^^
おおむね、45歳~の方が利用できるようです。

私もしっかりこの層なので、遠慮なく?利用させていただきました^^
こういうことって…最初の連絡するところが、まず
敷居が高いですね…でも、こちらの機関の案内には、
明確に就活を始める以前の、迷っている人も遠慮なく…
と書かれていたので、やや敷居は低い感じでした。

まあ、そもそも、すぐにでも仕事をしたい人は、
ハローワークに駆け込みますよね…^^;
この機関は、就職活動がひさしぶりな私のような
世間にうとい人に、まず「就活とは…」というところから
教えてくれる機関のようでした。

あらかじめ電話で面談の予約をさせてもらって、
今日の日を迎え…同年代か少~し上くらいの
男性の相談員さんに、面談していただきました。

私の場合、専門職、というか、いわゆる「つぶし」の
効かない職歴で、しかも、運転免許以外、
公的な資格を一つももっていないので、
「こんなんじゃあ…」とあきれられると思いましたが、
そんな冷たいことは一切おっしゃいませんでした…^^;

まずは、どう動いたらよいのか、おおまかでも
自分がやりたいことを絞ることから始めたらよいようです。
(ゆるい話でごめんなさい…><;)

私の場合、目標はできれば長く続けられる仕事であること、
なので、お金や時間という形の条件より、
どんな仕事なのか、内容重視で探したいと、
あらためて思いました。

次の目標は、ハローワークに提出するワークシート?
の記入と、履歴書・職務経歴書の下書きを
担当者の方に見ていただいて、アドバイスをいただくこと。
ここまでは、最低でも年内にやっておきたいと思います。

そして、できれば…だめもとで、具体的な会社に
面接していただくところまで、たどりつきたいものです。

極端な話をすれば、私が思うようなところに
仕事が決まらなくても、就活をこのまましないよりかは
後悔しないと、今日の面談を終えて、あらためて
確信が持てました^^

なんか…楽しくなってきました><;
あまり間をあけずに、動きたいと思います。



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 仕事探し - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 仕事

◆11月も終わり…プチ就活始めました^^~

昨日は朝起きたときから喉が痛く、いよいよ風邪の季節到来。
先週末以来、出張から戻った夫が、頭痛・歯痛・鼻水など
風邪の症状があったので、うつったのかもしれません。

そういえば、一昨日出かけてから帰った時、
うがいしなかったな…と思っても文字通り後の祭り^^;

でも、たまには風邪もひかないと、抵抗力もつかないかも。
あまりに殺菌、抗菌状態がすぎると、菌も耐性が
つくということもあるし~と前向きに^^;;

しかし、私以外の家族は、めったに具合が悪くなることが
ないので、いざ調子が悪くなると、私のほうが動揺して
しまいます…><;

夫など、薬を飲むと便秘気味になるので、
そっちのほうが不快だからと、薬をあまり
飲みたがりません…ーー;
週末、息子も一緒だったので、息子は大丈夫かな?
と心配したり。

夫が単身赴任のときもそうだったのですが、
一人暮らしは病気になったときに辛いだろうから、
また先回りして心配しています;;

ところで、昨日はちょっとシニア向けの再就職の
窓口に電話してみました^^
元気な若めの女の人が電話にでられたので、
勢い?で来週早々に面談を申し込んでしまいました^^;

まだ働く決心も自信もないのだけれど、
とりあえず動いてみようかと。
それで厳しかったり、無理だったりしたら、
それはそれで仕方ない、とあきらめもつくでしょう。

逆に、どうしても働きたくなってしまうかもしれません。
キャリア人生を失敗していて、限られたスキルしかなく、
一般事務や販売の仕事さえほとんど経験がないので、
相談された相手も「?」という感じかもしれませんが…^^;

そういう自分の現状をしっかり自覚することも必要と考えて。
パソコンのスキルも、自己流で、何の資格もないけれど、
そういう講座に参加できるかどうかも、アプローチしてみようと
思っています^^

それから、アロマの仕事のほうは、所属団体の企画に
一つ申し込んでみました^^
これも、前回、思い切って企画したら、
少し反響があったので、今回は煩悶することなく
とりあえず申し込もう~とハードルは低く感じました^^

一見、矛盾することでも、迷っているなら、
両方の選択肢を選んでみてもいいかもしれませんね。
それでもいずれは、決断することになるのでしょうが。

風邪を早く治して、万全の態勢で、
12月を迎えたいと思います^^/




にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 仕事探し - ジャンル : 就職・お仕事

◆50代の仕事探しは…難航><;当然ですが…

昨日も寒い一日。結局ずっと家に居た。
細かい外回りの用事もあり、もっと根本的に
変えるための外出も、しようと思えばできたのだけど。

明日の自分に、課題を丸投げしてしまうこと…
よくないですね…><;
せめても…と思い、今日は自宅で見れるハローワークの
求人票を、見れるだけ見て求人の傾向?をつかみました。

そこで分かったのは、改めてみて、どれも最低限、
資格がないと厳しいな、ということでした(あたりまえ…)。

売り手市場の介護職でさえ、最低でも初任研修を
終えていないと難しそうで、保育職も、保育士か
幼稚園教諭、子どもに関わる職も、経験はともかく、
教職免許か、保育士、幼稚園教諭、看護師、保健師
などの有資格者優遇、ましてや年齢が…><;

と考えると、やはりお掃除か販売の仕事しかなく、
まだブルーな気持ちになってしまった。
もちろん、自業自得なので、誰を恨むこともできない
のだが、すべてにおいて、タイミング悪く、
押せ押せ、先送りにしてきた自分の責任だ。

こうなったら、今細々と続けている自営の仕事
がんばろうか…と思ったり。
まだまだ気持ちは揺れています。
でも、あまり動く前に決めつけてしまうのは
私の悪い癖…^^;

妙なところで記憶力?がよいので、
歳をとっても、昔の失敗をたくさん覚えているんですね…^^;
だから余計に動くのがおっくうで。
いいかげん、年相応に、ずうずうしくなりたいものです。

それから、今日は夜、義姉一家(総勢7人!)と、
義母、夫、息子の合計11人での会食があり、
楽しみなような、重いような…^^;

夏に食べ過ぎてダウンしてしまったので、
今日は早めにお昼を食べて、そなえたいと思います^^

介護のほうも、いよいよ動き出すかも。
50代、なにもかもがまた、新しいことへの挑戦になります。。。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 仕事探し - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 仕事

◆久々にバスに乗った@@!そして仕事のことなど

昨日は寒い一日だったけれど、引きこもりの私も
さすがに退屈になり、外出した。

特に買いたいものもなく、行きたいところもないけれど、
せっかく出るのだから、いつもと違うことを、
と思い、駅近くに行ってみた。

その目的の一つは、再就職のための機関の
下見をすること@@!
下見…?行ったんじゃないの?と言われるかも
しれませんが、気が小さいので(笑)まずは場所を
たしかめに…^^;

案の定、最初は迷って(笑)一本細い道沿いに、
こじんまりとした、目的のビルを発見!
案の定(2)、駐車場がないことを確認。

多分…なかなか厳しいだろう、ということは
予想されるのだけど、最後の一あがき、
おそらく、これでダメならあきらめもつくだろう、
ということで、社会に出ることを考えてみようかと。

それでもまだ揺れている自分が居るのも分かっていて。
先日、自分のパート先で仕事をするのをすすめてくれた
友人とのやり取りの中で、やっぱり、本当にやりたいこと
自分にしかできないことをやりたい、という思いも
まだ捨てきれずに残っていて。

ただ、何もしないで揺れているだけだったら、
心に確信が持てないので、動きながら揺れてみようと
決意した次第。また、友だちにあきれられたように、
失敗に終わって、余計に落ち込むかもしれないけれど。

私の中の、無職、という罪悪感と、
やりたくないことを罪悪感を抱きたくないために
とりあえずやろうという違和感と、
どちらが勝つのか…私にも分からない。

そもそも、こんな私を必要としてくれるところが
あるのかどうか、という問題もあるのだけど、
友だちの職場のように、必要としてくれても
実際に行ってみると、自分の居場所ではない、
ということを感じて終わってしまう場合もある。

贅沢、といえばそれまでだ。
選んでなんていられない人だって、大勢いる。
でも、もう、自分をごまかして、嫌な思いをしたくないのだ。。。

自分をごまかすと、結局最後は、自分だけでなく、
周りをごまかすことになり、それは真剣に、
その場所に居る人にとって迷惑なだけ、ということ。

ほんとうの自分の気持を知り、自分が置かれている
状況を判断して、今を大切にしつつ、将来の不安も
取り除く…あちらを立てればこちらが…ではなく、
一番本質的なことを、見失わないこと。

じっと見つめるだけで、それが分かるとは限らないから、
ちょっと動いてみようと思います^^


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村


テーマ : 仕事探し - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 仕事

◆自分に正直に、そして悔いなく

ここ2~3週間にわたって、自分の生活の底を
見つめ続ける時間が多く、あらためて、いろいろなことを
考えさせられた。

きっかけは、近所に住む友だちからの
お仕事へのお誘いだったのだが、
それを機会に、今までの自分と、これからの自分の
生き方、生活の仕方について、期せずして、
見直さざるを得なくなった。

友だちが誘ってくれた仕事は、形態としてはパートで、
週2回~一日4時間程度、老舗旅館の客室のお掃除、
という、友だちによると「誰にでもできる仕事」。

条件も、時給は普通で、シフト制だけれど、
土日祝日休みという好条件。
職場の人間関係も良好で、気楽なのだとのこと。

長らく無職で、やや神経質な私には、
適した仕事のように思えたので、面接や
職場の見学、仕事の体験までしたのだけれど、
今朝、正式に辞退させていただいた。

一度、電話で辞退した後、もう一度、
友だちに説得されて、前言撤回し、
その後面接、職場体験までしたのだけれど、
やっぱり…どうしても、その仕事をしたいとは
思えなかった。

贅沢な話だと思う。私のような社会的スキルの低い、
若いとは言えない人間にとっては、
もしかしたら、またとない、社会復帰の好機だったかも
しれない、と思う。

それでも…もう若くないからこそ、もう一度、
ほんとうに自分のやりたいこと、やりたい仕事を
してみたい、という気持ちにさからうことができなかった。

これからの私の選択肢としては、今まで細々と
やってきたアロマの仕事を発展させるのか、
それとも、若いときに一度辞めてしまった、
編集やライターの仕事をまた始めるのか、
もしくは、まったく別の、経済的に確実に自立できる
サラリーをいただける仕事に就業するか。。。

いずれにしても、もう迷っている時間はないのだ、
ということだけははっきりと自覚できた。
それだけでも、今回のことは、私にとって
とても意味があったことだと思う。

誘ってくれた友だちには、とても悪いことを
したのだけれど…><;
この埋め合わせは、私の仕事の確立と、
今後の友だち関係のなかで恩返ししていくことで
ゆるしてもらえないだろうか、と思う。

それから、自分がふがいなくて、悔しい、という気持ち。
この気持ちを忘れずに、これから仕事を創っていきたいと思う。

テーマ : 働き方 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 仕事

◆紆余曲折を経て…次のステージへ進行?中…

先週、何年振りかで会った友だちに、
彼女の職場で働かないかとお誘いを受け、
一度はお断りしたのだけど、彼女の強い勧めと
少しでも、働いてみようかという気持ちの葛藤があり、
結局、週明けに面接に伺うことになった。

二転三転?した、私の気持と、行動だけど、
友だちが言うように、やってみて違っていたら撤収、
というのもアリかな、とふと思ったので。

ただし、旅館のお掃除なので、本当に自分が
やりたい仕事ではないから、無理することは
やめようと思う。

なので、面接で、無理しなければならないことが分かったら、
その時点でもお断りしようかと今でも思っている。
すすめてくれた友だちも、もちろん私のことを思って、
というより、私が入ることで、自分たちの休日が
増えることを願ってのことだ。

譲れない部分は、しっかりと確認して、
それでもやってみよう、と思ったらとりあえず
はじめてみようと思った。

週明けさっそく面接なので、緊張するような、楽しみなような。
今は半々の気持ち。
ただ、不安なことも多々あるにはある。

たとえば、自分の心身の状態のこと。
決して身体が丈夫、というわけでもなく、
更年期真っ只中なので、明日どんな症状が出るかも
分からず…。

また、父母のこと義父母のことを考えると、
働くことと、働かないことの両方のリスクがあり、
それは私一人の考えでは、決められないこと。。。

いろいろ考えていると、心身ともに疲れてしまって、
それだけでもうストレス…><;
きっと、真剣に考えなければならないことを
先送りにしてきたバチなんだろうな、と思う。

この悩み、もうしばらく抱えてみようと思う。
今が分岐点のような気がする。


テーマ : 働き方 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 仕事

◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。