◆息子、大学へ戻りました…><;

今日は朝から曇天で、小雨もパラパラ…。
まるで、私の今の気持のような…^^;

息子が今日午後、大学ある街に帰りました…;;
お昼を食べてから、1時過ぎに家を出発。
30分ほどで駅に到着。
電車が出発するまであと30分あったのだけど、
「もう改札出るから~」とスタスタと改札へ。

え~!! もう行っちゃうの?;;
と思う間もなく、あっさりと、ホームへと消えて行った
息子だったのでした~あっけない…;;

前にも書いたけれど、一番淋しかったのは
息子が大学に進学することが決まって、
卒業式後から大学入学式までの1か月だった。

淋しさのピークは、通学のためのアパートを
探しにいったとき。
あ~もう巣立っていくんだな…と思うと、
なんだか、今まで志望校合格だけを祈っていたのに、
いざ離れて行くとなると、今までの時間が
取り返せないことが実感されてきて悲しくなった。

もう小さい息子はどこにもいない。
小学生の息子も、中学生の息子も、そして
高校生の息子とも、もう会うことはない。

そう思うと、心が痛くなった。。。
しかし、今日、また大学のある街へ戻って行っても、
あの春休みの心の痛さはない^^

息子から大学でのこと、一人暮らしのこと、
楽しんでいる趣味のこと…いろいろ聞けて楽しかった。
そして安心できた。ある程度は^^

もちろんこれから、卒業できるか、就職できるか、
そして家庭をもてるか…未知の世界は不確定で不安もある。
でも、今は元気に一人で学んでくれている。
そして、休みには家に帰ってきてくれた。

私も親として、まだ未来のある一人の人間として
息子と同じく、成長して、新しい力を身につけたい
と思った。

なので、そんなに淋しくない^^
むしろ、身近にいると、余計いろいろ目について
取越し苦労と世話しなきゃ、という母親の本能で
心が落ち着かないこともある。

また会える日を楽しみに、待つのもよいものだ。
それまで夫と二人のシンプルな生活を楽しもう♪

ありがとう息子。
また帰ってきてね。
…バカ親のつぶやきでした…^^;;;

スポンサーサイト

テーマ : 子供の成長 - ジャンル : 育児

◆息子が戻る日決定…><;

今日は朝は薄日が差していたものの、午後から曇天。
夜には雨が降る予報…私の気持そのままかも><;
…今日の午後、いよいよ息子が「明日大学へ戻る!」
と言ったので…;;

帰って来る前に思っていたより、長く居てくれたので
嬉しかったのだけど…そして、またスマホの機種変に
近々帰って来るので、淋しい…なんてオーバーなんだけど、
なんだかGWのときより淋しい感じ^^;

たぶん、長く居てくれたので、また息子が居ることに
慣れてしまっているからなのでしょう。
忘れ物がないように、また明日の午後、
息子が電車に乗るまでは、緊張してしまいそう。。。

息子が帰って来る前は、いろいろ計画していたけれど、
やっぱり、全部は無理でした^^;
でも、出来たことも…散髪に行って、コンタクトを作って
合鍵を作って、歯医者に行って、家族でご飯に行って。。。

墓参り、美術展にも行けた^^
出来なかったことは…眼鏡が作れなかったことと、
亡くなった友だちの家へ行けなかったこと。
でもこれは、相手があってのことだから、
また寄せていだだける時期があればお邪魔しよう。

そして今夜は、昨日の夜に続いて、
乃木坂46のDVD鑑賞~^^;;

夫も帰ってきて3人で見てるけれど、
親二人はなかなか若い女の子の顔が覚えられず、
まいまい? まいやん? なーちゃん? さゆにゃん?
…半分くらいは覚えたかな?!

なかなか楽しい♪
やっぱり若い人が好きなものは勢いがあって、
気力・生命力がみなぎっている。
こういう場に行くのも楽しいだろうなぁ。

夫が「またしばらく見れないのか…」と残念そうだった;;

さて、親のほうも身体に気を付けて、次の再会まで
いろいろ報告できることや、新しく挑戦したことなど、
息子に見せれるように。

子どもも、親がいつまでも元気で
新しいものに挑戦しているほうがきっと嬉しいだろうから。。。

テーマ : 大学 - ジャンル : 学校・教育

◆初めての「自由」な夏休み^^

今日も涼しい一日。明日から雨模様になるらしい。
もうすっかり秋ですね…^^;
ほんとにこうなってみると、暑かった夏が、
…息子と一緒にすごした夏休みが恋しい感じ;;

小学生のころから、夏休みも、やれサッカーだ
英語の合宿だ、と親の勝手で、息子を忙しくさせていた。
今思えば、私自身が親として不安だったのだろう。

息子に何か有意義なことをさせないと、と
焦っていたのだと思う。
一人っ子なので、時間もお金もある程度かけられた、
というのもあるだろう。

それにもまして、私の気持の焦りが大きかったと思う。
息子も根が素直なので、たいした反発もせず、
私がすすめるままに、いろいろと体験した。
よく言えば、持って生まれた性格と能力の
許容範囲内だったのかもしれない。

ざっくりと言えば、もっと自由にさせてあげれば
よかったと思う。
私もヒマだったのだな…きっと。
そして、自分の後悔を息子で取り戻そうと
していたのかもしれない。

勉強関係に厳しく言ったり、塾に通わせたり
しなかったのがせめてもの救いだ…。
都会なら、もっと選択肢があったのかもしれないが、
田舎では、選択肢が少ないうえに、
あまり質がよくないので、かえって何もしない方が
中途半端にするより良かったかもしれない。

まあ、今となってはもうどうでもよいことかもしれないが!
自動車免許をとってからも、しばらくは居るみたいで、
一日ほとんど、PCかスマホ。どうなんだか?
と思うけれど、考えてみれば、息子も初めて
「自由」な夏休みをすごしているのかもしれない。

きっと失われた時間を取り戻しているんだね…。
と大目に見ようと思っているけれど、
自分も経験したことだけど、やっぱり大学生の
夏休みは…長い!

今、この長い夏休みにしかできないことを、
意識して、やってほしいな…と思う。
今年は自動車免許、という大きな目的があったけれど、
それさえも、自分の許容範囲内で軽く取ってしまった感がある^^;

私に似て?一歩踏み出せないところもあるので、
タイミングを逃さずに、チャンスをつかんでほしいと思う。
事務的なこと、金銭的なこと、身の回りのことは、
私が思っている以上にできるようだから、
それに関しては安心している。

それと、一人暮らしも、淋しくなく、
友だちもたくさんできたみたいなので、
私が思っている以上に、社交的なのかもしれない。

私も息子に心配かけないように、がんばろう…^^


テーマ : 大学 - ジャンル : 学校・教育

◆やっぱり息子が居ると楽しい^^

息子が帰ってきて3日目です^^
一昨日夕方帰ってきて、昨日は墓参り、
そして今日は、午後から友だちとカラオケに出かけ、
息子は実家生活、満喫している感じです。

来週になって、お盆が終わると、
自動車学校が始まるので、忙しくなるだろうけれど、
それでも、息子が居るだけで、ごはんもしっかり作るし、
だらだらすごすこともなくなる。

子どもの力って、ほんとうにすごいな、と思う。
そして、これからまた数か月、夫と二人ですごすための
エネルギーをチャージしておかねば、と思う。

明日は、息子は夕方から高校の友だち宅へ、
5~6人でお邪魔する予定。

東京や京阪神など他県の大学へ進学した友だち、
まだ進路が定まらず、実家からアルバイトに出かけている
友だちもいるけれど、再会してまた、
お互いの現在を知って、旧交をあたためるのもいい関係。

これで将来も友だちでいてくれればよいな…。
そう思う一方で、今年もまた、亡くなった友だちのことを
偲びつつ…。

でも今年は、いつも一緒におじゃまする友だちが
LINEでお盆の予定を訪ねたら、
今年はお参りはご遠慮願いたいとのことで。。。

先日一緒にお食事したときに、チラッと息子たちのことを
話したのが、もしかしたら辛かったのかな…と思うと
申し訳なくて。

友だちと話して、しばらくそっとしておこうか、
ということに。
やはり、自分の息子の同級生が、進学したり
就職したり、それぞれの道を楽しく歩んでいる様子を
知るのは辛いと思う。当然の気持だ…。

それを全く話題にしない、というのも難しく、
彼女のほうから聞いてきたときにだけ話す、
というのが基本なのだけど…。
私も無神経に、口にしてしまっているときが
あったかもしれない。

まだまだ自分以外の人の気持を思いやることが
できていない自分にもがっかりしてしまう。
しばらく反省の時間が私にも必要かもしれない。

とはいえ…息子が帰ってきてくれたことが
嬉しいことは事実。
また不在の時期が来るまで、楽しくすごしたいとも思う。

…難しいですね…。
立場が近い人とは競い合い、立場が遠い人とは
分かり合えず。
どこまでも欲深く、業にしばられた存在なのですね。

夫は今日と明日は仕事がお休み。
息子もだけど、夫もいたわって、
よいお盆休みにしてもらおう。

テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

◆子どもはやっぱりめんどうな存在なのか…^^;

昨日はちょっと充実した週明け。
年下の友だちが誘ってくれて、
市内の私設図書館へ。

ずっと気になっていたけれど、
一人で行くのはどうも…と躊躇していたのが
誘ってくれて、やっと行けることに。
久々に文化のある空間に居れて嬉しかった。

その後は、久々に行くカフェでランチ♪
変わらず美味しかったけれど、
ちょっとスタッフさんに余裕がない感じだった。
何かあったのかな? カフェ空間に緊張がただよっていた~
まあ、美味しければ多少のことはよいのだけど。

帰りに、玄関のところに、子どもさんを野放しにしないで~
というような主旨のことが書いてあった。
畳敷きなので、子どもがごろごろするのかな…?
まあ、多少のことはよいと思うけれど、
カフェの雰囲気に合っていないお客はノーセンキューなのかな。

そういえば、一緒に行った友だちから、
共通の知人でおしゃれなお店をやっている知人が、
「子ども110番の店」の依頼を断ったという話を聞いて、
なるほどな~と納得してしまった^^;

その知人のお店は、雑貨や洋服、本などを置いていて、
音楽やトークショーなどのイベントもお店で行っている、
おしゃれな若者~40代くらいまでの方をターゲットにしたお店
なので、あの黄色い「子ども110番」のステッカーやポスター
のぼりなどが店の雰囲気にそぐわない、ということなのだろう。

もしかして、子どもが駆け込んでくるのもノーセンキューなのかな?
気持はわからないでもないし、引き受けるかどうかは自由なのだけど、
ではもし、わが子が危ない目にあったり、困っためにあっても、
「子ども110番」のお店やお家にお世話にならなくてもOKなのかな?
と思う。

自分がよその子の面倒にまきこまれるのは困るけど、
わが子が困ったときは誰かに助けてほしい、というのは
ちょっと苦しいだろう。

自分は子どもとかかわらないし、自分の子どもも世話にならない、
というならOKだと思う。
でも…なんかあまりいい気持ちのしない話でした。
やはり、学校のそばで、子どもや文化を仕事にしているのなら、
協力できる部分はしたほうがよいのでは、と思いました。

自分ならどうかな?と思うと、責任を負うのは気持ちが重いので
断りたい、と感じるようにも思います。
しかし、小心者の私は断る勇気などないので、
きっぱりと断れる彼女のことがうらやましいのかもしれませんね^^

そんなことをつらつら考えながら、家に帰って掃除。
今度私設図書館に行くときは、教育の本など、
もって行かせてもらおうかな、と思いつつ。

友だちに会えて楽しい一日でした^^

テーマ : 子育てのつぶやき - ジャンル : 育児

◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック