◆私にとって、すでに<神>の領域の友だち…!

昨日は朝から雲一つない良い天気!
電話ではよく話すものの、会うのは何年振り?という友人が
私の街まで来てくれました^^

お互い、子どもも大きくなり、そろそろ今後のことも
意識せざるを得ない歳になって、
共通の問題・話題に数時間はあっという間に
すぎてしまいました~^^;

この友だち、ブログで何度も話題にしたことがあるのですが、
とにかく、タイミングのよい人で(私にとっては)、
何かあったり、何もなくても(更年期だからね…)心身の状態が
低下しているときに、偶然、連絡をくれるのです!

どうして、私が誰かの言葉を必要としていることが
分かるのだろう?といつも不思議なのですが、
もう、私の中では<神>の領域の友だち

まあ、私の調子が良いときのほうが少ない…
というのもあるのかもしれませんが、
普通、電話をかけるというときは、自分が何か
話したいことがあって、相手から何かを期待するとき
だと思うのですが、この友だちは、決して自分を
押し付けません。

たぶん、彼女にも話したいことや、キツイこともあって
かけてくれているのだと思うのですが、
そういうことを他人に話すときの、押し付けがましさや、
相手に負担をかけるような、被害者ぶったところや
その他、悪い感情や気のようなものを出すことがありません。

そういう彼女の、良い意味で、他者との関わり方、
距離感の感覚が好きで、私も見習いたいな、と思います。

たぶん、お互いの夫が同じ職場でも(部署は違いますが)、
子どもの性別や年齢が違っているから、
競争意識や嫉妬心があまりないのもよいのでしょう。

そして何より、彼女の心の広さ。
嫌なことがあっても、一方的に誰かのせいにすることなく、
まあ、そんなこともある、仕方ないさ…!
と上手く流せるのも真似したいところです。

もし彼女がバリバリ働きだしても、
姉に対するような、嫉妬心や裏切られた感は
持たないのではないかと思います。

会ったり話したりする時間が減るのはちょっと淋しいけれど。
また、仕事のことや、新しく出会った人やモノなどについて
話が聞きたいな、と思うでしょう。

他者や物事に関して寛容なところ、
私には無い部分を、きっと彼女から学ぶべくして
出会ったのかな、と思ったり。

これからますます、家族のことや老年の準備など
心が折れそうなことがあるだろうけれど、
そんなときはまた、彼女の声を聞いたらがんばれそう。

できれば私もそういう存在になりたいものです。
居るだけで嬉しい、家族以外の友人との、
そういう関係を、これからもっと大切にしなければね…。

スポンサーサイト

テーマ : 大切なこと - ジャンル : ライフ

タグ : 友だち

◆久々ランチ~^^

台風一過で、また寒くなりました~;;
そんな中、友だちとランチ。
共通の友だちのお店に行ってきました。

いつものように、近況報告ととりとめのない話。
いつものことながら、かなり癒されました~。
友だちは介護職で働いているので、日々、
心身ともに激務なのだけれど、そんな疲れも見せず。

ランチにおじゃました友だちのお店も、
ヘルシーなランチと、まったり系な
友だちの雰囲気で…癒されました^^

忙しい仕事の時間を縫って、ボランティアも
している友だちの話を聞いて、私も何か、
人のためになることをしなければな…と思う。

一体、このおばさんに、何ができるのか…。
家族に対しても、満足に家事・用事、できているとは
言い難いのに…><;

それでも、こうして友だちが必要としてくれているのは
嬉しいことで…やはり、まずは家族と周りの人が
喜ぶ顔を想像して、日々を暮らそうと。

それにしても、ランチのボリューム、こんなだったっけ?
今日は、かなりお腹いっぱいになりました。
シニアになると、すべてが縮小傾向になりますね…。

友だちは、これから2週間ごとに、マラソン大会に
出場予定で、ランチもペロリ、という感じ@@!
健康そうで、なによりです♪

さあ、癒されたところで、またしばらくは、がんばれそう。

テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

タグ : 友だち

◆友だちのお見舞いに行ってきました^^/

今日もまた暑い一日になりそう…それにしても、
台風の動き! なんでこっちにくるの~;;という感じ。
東日本の方はほっとしておれらるだろうけど…><;

昨日はお昼くらいから、隣市の大学病院に入院している
友だちのお見舞いに行ってきました。
数少ない私の友だち(でいてくれる人)の中でも、
最も古くからの友だちの一人です。

脊髄炎、という病気で、視神経に不具合がでて、
視力が落ちているとのこと…><;
今住んでいる市では、できない治療をするために、
2週間、家を離れての入院となりました。

知らせをもらって、私にしてはがんばって、
といってもJRとバスを乗り継いで、お見舞いに行ってきました。
そして…予想通り、しゃべることしゃべること…><;
ごめんよ、友だち。疲れただろうな…。

友だちと会うのは…5年ぶりくらい?
いやもっとかな…引っ越し前は同じ市に住んでいたけれど、
それは息子が10歳のときまでだから…
なんと、10年ぶりくらい?!

そんなブランクはまったく感じず、話したけれど…
そう思ったのは、私だけかな?

病気になると、いろいろなことが遠くに感じられるのは
私も覚えがあるけれど、変わらない関係と感じるのは
元気な方だけなのかもしれない…。
無神経なこと、言わなかったかしら…とちょっと心配になった。

彼女は私が大学受験に失敗して、浪人したとき
一緒のクラスだった友だち^^;
高校も違うし、専門も、彼女は理系で建築学科へ進み、
私はバリ文系の文学部で日本文学専攻、なので
趣味嗜好はまったく違うのだけど、なぜか気が合い^^

それ以来もう、35年以上!の付き合い…
ほんと、書いててびっくりした@@!

今まで不義理ばかりしていたので、
これからは、友だちとのつながりを大切にしたいと思う。

多少くたびれているけれど、まだまだ動ける私。
友だちに恥じないような生き方をしていかねば…と
思った再会だった。

◆久々の友だちのお店へ…^^;

今日は午後から久々の友だちのお店へ、
いつもの三人組で出かけました^^

友だちのお店は、前のところから移転して
初めて出かけたけれど、前のお店よりさらに
彼女らしくなっていて、落ち着けるお店でした。

ただ、ちょっと市内から遠いので、
思いついて…というわけにはいかないかも。

友だちの息子さんも、わが息子と同い年で
今年高校を卒業して、隣の市に仕事にでかけている
とのこと。

一緒には住んでいないけれど、土曜日の夕方には
いつもごはんを食べにくるそう。
なんか、いいな。と思った。

と同時に、一緒に行った三人組の1人の友だちは
同い年の男の子を亡くしているので、
もしかして、今日の話もつらかったかな、と思ったり。

いろいろと思いめぐらす。
自分にはそのつもりはなくても、相手が傷ついたら、
それはやっぱり、傷つけるようなことを言ったほうが
責めを負うべきだ。

無意識の悪意ほど、始末に負えないものはない。
まだ、確信犯のほうが救われることもある。

久々の友だちに会えたのは嬉しかったけれど、
子どもを亡くした友だちに対しては、
また少し、自己嫌悪を感じた。

それでも、その友だちから離れたいと思わない限り、
私は友だちの近くにいたいと思う。

言葉や態度でいくら偽っても、
本当のその人の心というのは、伝わるものだと思う。
よいことも悪いことも。

そして、同じ立場でない限り、その人の辛さは
絶対に分からないとも思う。
しかし分からなくてもいい、ということはない。

立場が違うからこそ、分かろうとしなければ
ならないのだと思う。
私はこれからもこの辛さから逃げないようにしたいと思う。

以前のおけいこごとの仲間などは、
この点で相いれなかった。
少しの違いでも、自分さえよければ、
自分が優位にたっていればそれでよい人ばかりだった。

そして、自分もそうだった!
だから、そういう人たちのことも、今では受け入れられる。
誰だって、自分が劣っている、人と比較して不幸だという状況に
置かれたくないのは当然だから。

でも、ずっとその気持ちから離れられないことが
一番不幸なのではないか。
そのことに気付けない、不幸な人たちなのだ。

気付いて不安なのと、気付かずに不幸なのと、
どちらがよいだろうか…。
どちらがよいのかは自分で選べばよいのだと思う。

不幸になるのも、幸福になるのも、
一人ではつまらない。
それだけは確実に言えることだと思う。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

◆午後から至福のひととき…^^

今日は雨の前のせいか、湿気の多い一日。
夫が宿直の日なので、淋しいけれど、
夕食を作らなくてよいのは嬉しい…^^

午後からは、いつもの友だちが、
オーデコロンを作りにやってくるので、
軽く掃除など。

まだ、先週末の疲れが少し残っているけれど、
やるべきことが分かっているので、
粛々とやるだけ。。。

今回のコンセプトは、梅雨の時期をスッキリ、
シャッキリすごせる香り作り。
友だちは柑橘系のさっぱりしたオーデコロン、
私は、和のイメージの少し甘みのある、
浴衣などにも似合う日本の夏のイメージの香り。

トンカビーンズというマメ科の植物の香りをベースに、
イリス(アヤメ科)やメリッサ(シソ科)の香りを加えて、
ほんのり甘く、かつ夏らしく爽やかな香りに仕上げました^^

友だちが、おいしいシュークリームを買ってきてくれて、
おいしかった…癒された…><;

夜は、夫が宿直なので気楽に~^^;
撮りためたサスペンスなど見ながら片付け。
そして同じ年頃の方のブログを読んでいた。

ちょっと読みすぎて寝るのがおそくなり、
反省。
いつものように息子にLINEでおやすみを言って、
就寝…よい一日だった!

テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

◆情報はどこから得る? 大切なものは…

新学期が始まって二月。
そろそろ新生活も軌道に乗ったころでしょうか^^

お子様がおられるお家は、進学・進級の季節も
一段落して、親もほっと一息、ですね。

しかし、そうも言っていられないことも
あるようです。
友だちからの話で気になることがありました。

彼女の娘さんの友だち関係で、
スマホでのやりとりが問題になっていると。

メール(LINE)での言葉のやりとりで
子ども同士で違和感があるということで、
彼女のママ友から、その件で相談があった
とのことでした。

このことを聞いたとき、私も勝手に(笑)
違和感を覚えました。

子ども同士のコミュニケーションの
中での問題を、どうして親同士が話し合う
必要があるのかと。

いじめや他の犯罪にかかわるような
重大事項が起こっているならまだしも、

「あのLINEの言葉に、あの返しはないよね」

という、わが子の言葉をそのまま?信じて、
それを娘の友だちの親に(改善を前提に)
伝えるべきなのか…。

違和感をおぼえたなら、子ども同士で
気持を伝え合うことこそ、その年代(中学生)の
学ぶべきことだと思うのですが。

親なら、わが子が快適に学校生活を
送ってくれていることが安心、というのは
分かるのですが、子ども同士の小さな
いざこざを、大人が解決しようとすることは
それこそ、コミュニケーション能力の成長を
阻むように思います。

表立って対立することを恐れていると、
もっと大きな問題を、うまく解決する能力が
つかないように思えるのですが。

わが身を振り返ってみても、わが子に対して
余計なことばかりしたり、言ったり
してきたな~と思います^^

小さなことで、小さな失敗をして、
小さいけれど、それなりに解決した経験を
積み重ねればよいのだと思います。

親は見て見ぬふりをするのがベスト。
できれば、見えないくらい、忙しいほうが
よいのかな、とも思います。

そして、これは許せない、と思うことが
あったときこそ、徹底して関わる。

中途半端な噂話や他人の意見を情報源にして
中途半端な叱責やペナルティを与えることが
一番いけないと思うのです。

失って困るのは、友だち面して中途半端な
善意で情報をもってくる人との関係ではなくて、
わが子との信頼関係です。

大切な人と、ほんとうによい関係でいるために
どの情報をどこから仕入れて、何を誰を
信じるのか、外面を気にしすぎて
見失わないことですね。

自戒を込めて…^^

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

◆ほっと一息の一日~♪

昨日はほっと一息の一日でした^^
旧友とランチ、そしてローズガーデンをお散歩、
という贅沢な一日♪

ふと、姉にもこんなほっとする時間を
すごしてほしいな…と思いました。
今度さそってみようかな…。

ランチも、初めてのお店だったのだけど、
ずっと気になっていたお店で、雰囲気もよくて、
値段もリーズナブルでした^^

その後のローズガーデンが、ほんとに綺麗で、
しかも無料で入れる庭園なので、
ちょこっとの散歩にはもってこい!

介護の仕事をしている友人なので、
父母の施設での一件を聞いてもらって、
やっぱり私たちがおかしいんじゃないと分かって
ほっとしたけれど、もっと施設に強く申し入れを
したほうがよかったのか…とも思った。

また月曜日に、包括センターに行くので、
そのときに相談してみようと思う。

とりあえず…平和な週末を迎えられますように…
ほんとにもはや、神頼みだ(笑)

テーマ : 介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

◆同世代の友だちは大事

今日も朝から晴れ間も見え、気温も少し上がる予想。
このまま、ほんとに春になってほしい~!
春にはまた花粉症というやっかいなものもあるけれど、
それでもいい! 今年ほど春が待ち遠しい年も
ないかもしれません…。

昨日はいつもの姉電話で、また実母の
蛮行と、介護専門職の方が仕事をしてくれない
ことの不満を聞きました^^;

もう、次の一手を考えるときが来ていることは、
私も姉も十分に分かっているのだけれど、
姉も私の家族の受験終了までは、
一人で動いても…と言う感じ。

よく言えば、日常のことやケアは動いてくれるけれど、
大切な決断や、対外的にストレスのかかることは
私と一緒に、というか私にやってほしいのだろう。
なので…息子の行先が決まったら、
ガンガンやろうと思っている。

お昼頃、浪人時代の一年間を共にすごした友だちから
電話があり、少し話せてよかった…。
昨日メールをもらっていて、病気で目が見えにくい
と聞いていたので、心配だった。

しかし、心配しても、何もできない(しない)私。
こういう私でもまだ、友だちだと思ってくれる
友人に感謝しかない。

声や話し方は昔のままで、浪人時代、
一緒に受験に行って、雪に降られて帰りの列車が
運休になって困ったことなど、なつかしく話す。

夏にはまた長い入院生活が決まっているというので、
今度は絶対に会いに行こうと思う。
体調があまりよくないことは、SNSなどの記事で
なんとなくは知っていたけれど、
どう声をかけていいか分からずに、実母のことやら、
息子の受験などで心落ち着かず、余裕がなかった…。

心が狭く、視野も狭い自分。
もっと広くなれるように、努力したい。
もう歳だ、とか、できない、とか言わない!

先日の、亡くなった友だちや、昨日電話をくれた
闘病中の友だちに対して恥ずかしい。

今日は、息子の私大の合格発表の日なのだが…
息子も特にネットを見ないようなので、
私も郵便を待とうと思う。

実はさっき、大学のHPを開いてみたのだが、
見方もわからず、何より、息子の受験票は
息子が持っているのだった。。。

でも、学校の先輩と受験番号が続いている
と言っていたので、先輩が気を利かせて?
連絡してくるかもしれませんが^^;;

家族がみんな元気でそれぞれ生活してくれている、
それだけでもう感謝、なのだ。
同世代の友だちがそれを教えてくれる。
大切なものを大切にするんだよ、と。

そして友だちも大切。
家族とは違うけれど、私を支えてくれている。
大切な人を思いっきり大切にしよう!

これよりほかに大切なことなどない。

テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック