◆久々のフラワーレメディ

ほんとうに久々に新しいレメディを作りました。
今回のレシピ?は…

・クラブアップル
 このレメディは『浄めのレメディ』で、特に外見上の醜さや
 傷などで気に病んでいる人たちのためのレメディです。
 最近ずいぶんよくなってきたのですが、去年春の引越しから
 ずっと、原因不明の肌の不調に悩んできたので、まず最初に
 選んだのがこのレメディ。

・ワイルドオート
 あいかわらず、決断力のなさで、ぐずぐずと現状に留まって
 しまっているので、もっときっぱりと行動できるように、こ
 のレメディを選びました。

・ウォルナット
 決断力のなさと関連して、新しい一歩を踏み出さなければな
 らないとき、自分を縛っているふるい絆や習慣を打破する手
 助けをしてくれるレメディです。他人や外聞の影響から自分
 を守ってくれるレメディでもあるので、いろいろなものから
 自分を解き放ちたい今の私に必要なレメディだと思います。

・ラーチ
 これも決断力をつけてくれるためのレメディです。困難があ
 っても、何かうまくいかないことが出てきても、自信をもっ
 て前にすすむ力を引き出してくれるレメディです。

・ミムラス
 対象がわかっている恐れのためのレメディです。病気や事故
 に遭うのではないかという不安、特定の動物や昆虫が恐いな
 どの不安や恐れが含まれます。また恥ずかしがりや内気な人
 にも助けとなるレメディです。私の場合、健康に対する不安
 が常にあるので、このレメディで緩和したいと思いました。


こんな感じで、少し現状を打破する力がほしい今日このごろ、
一つ一つ自分にとって大切なものごとを見極めて、
ほんとうに大切にしたいものを見失わないように、
自分の心を見つめていきたいと思います。

今日は身辺を少し片付けました。
身辺の混乱は、心の混乱、とよく言われるけれど、
ほんとにその通りだなーと実感しています。
まず、形のあるものから整えていくのも、
生き方をはっきりさせて、心を整理する方法なのだと思います。

というわけで、明日も掃除!
おやすみなさい^^

スポンサーサイト

テーマ : 心と身体のケアを大切に! - ジャンル : 心と身体

◆原因不明のジンマシン…><

昨日まで三日間、四国に旅行に出かけてきました。
旅行自体は楽しかったのですが、さすがに夏のこの時期の遠出は、
心身への負荷が大きかったようで、疲れました…><

お盆の頃の墓参り&それぞれの実家訪問のころから、
両足ふくらはぎ内側から少しずつジンマシンが出始めて、
旅行から帰った今は太ももや、ふくらはぎの外側にも広がって、
熱をもってかゆい、そして見た目が気持ち悪い~のでユウウツな気分。

水虫対策にティートリー精油を使っていたことも関係あるかもしれません。
しかし、ティートリーはラベンダーと並んで、原液で使ってもよいと言われるほど、
安全性の高い精油…(もちろん、乳幼児や敏感肌の方、アレルギー体質の方は、
精油の種類に限らず、原液塗付は避けたほうがよいと思います)。

それでも以前、お風呂で使ったとき、
子どもでも大丈夫だったのに、私は少し肌がピリッとしたので、
私は個人的にティートリーにアレルギーがあるのかもしれません。
ジンマシンがおちついたら改めてパッチテストをしてみます!

それから、来年からの住居さがしなど、
気の張る懸案事項が心に重くのしかかっているのかなーと思ったり。
思っているだけでは変わらないので、しっかりと考えて決めて、
そして実行するしかないのですね。

ジンマシンのほうは、岩塩風呂でしばらく様子をみてみます。
よくならないようなら、また次の手を考えねば。
夏の終わり、体調をくずしやすい時期なのかもしれませんね。
オリンピックも気になるけれど、早寝早起きを心がけましょう♪

テーマ : 心と身体のケアを大切に! - ジャンル : 心と身体

◆久々に新しいトリートメントボトルを作りました♪

今日も暑い一日。
ニュースによると、去年よりも暑い日々が続いているらしいのだが、
体感気温は、去年よりもずっと涼しく感じる。
なんといっても、今年はほとんどエアコンなしですごせているのだから!

ここは海が近いせいか、いつも風が吹いていて、
特に今日は立秋を前に、少し冷気を含んださわやかな風が朝から吹いてました。
このまま涼しくなってくれればよいなーと思ったり、
いやいや、まだ夏が終わるのは淋しい、と思ったり…。
でも、やっぱり涼しいほうが、いろいろなことがはかどるんですね(^^)

夏休みに入っていろいろ行事があり、それを一つずつクリアしていって、
やっと人心地がついてきた?今日このごろ…。
今日は久々に、新しいトリートメント・ボトルを作りました(自分用)。

今日使ったのは…

・ワイルドオート
 これは私のタイプレメディともいえる、
 根本的な性質に対応するレメディだな、と思うので。
 ずいぶん、心の揺れはなくなってきたように感じているけれど、
 自分の生きる目標をいつもしっかり意識していたいと思う。

・ラーチ
 自分の道は見つけたように思うけれど、
 まだまだ自信を持つ、というところまではいけていないので、
 ちょっとしたことでくじけないように、お守り代わりに。

・ウォルナット
 これもラーチを入れた理由に近いのだけれど、
 過去の自分や、他人の思惑など周りの影響に左右されないために、
 自分をしっかり保つための、これもお守り。

・スクレランサス
 自信のなさや、他人の思惑を気にすることから、
 ここぞというときの決断力にやや欠ける性質があるので、
 その改善のために。

・ウォーターバイオレット
 これも生来の性格に対応して。
 どうも他人といっしょに生きる方向に気持ちが向きにくいところがあるので、
 考え方や感じ方が違うからといって、
 人とのかかわりを必要以上に避けないようにしたいので。

・ビーチ
 これも他人との関係改善を願っていれました。
 私はどうも、自分と違う考えや感じ方をする人に批判的で、
 そういう人を一方的に責めてしまうようなところがあるので。
 これは最近特にまずいなーと思う自分の傾向です。

いつものことながら、レメディを作り直すときは、
私にとって、今の自分を見つめなおすよい機会になっています。

しかし、レメディも決して安いものではないので、
(一回に数滴しか使わないので、その意味では決して高くはないのですが^^;)
どんどん新しいレメディを購入する機会が少なく、
したがって、いつもだいたい同じようなレメディになってしまうのですが。

最近アロマの勉強が忙しくて、あまりレメディ関連の本を読んでいないので、
夏休みのこの機会に、あらためて、38種類のレメディのプロフィールなどを
読み返してみたいと思います。

もしかしたら、今までの私にはあまり必要なかったレメディが必要に思えたり、
今よりぴったりくるレメディが判明したりするかもしれません。
今回入れたレメディの中にも、
「まだ入れたいけれど、前よりかは必要ではないかな」
と感じられるレメディもあったので…(ワイルドオートとか)。

レメディを使うようになって、ここが少し変わったかな?
と言えることなど、また書いていきたいと思います。

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

◆新しいトリートメントボトルを作りました♪

昨日、今まで飲んでいたトリートメントボトルがからっぽになったので、
また、レメディ・ブックを見ながら、新しいボトルを調合してみました。

まずは、私のタイプレメディともいえるワイルドオート

決断すべき状況に直面しないで、ぐずぐず事態を引き延ばしている
(レベル1通信教育コーステキストp5より抜粋。以下「」部分はすべて同じ)
なんて、いつもの私の性格にぴったりの表現です。

次に私のよくない傾向として顕著なのが、
他人に対して過度に批判的になりがち」な点。
ビーチタイプのよくない面が現れた典型のようです(><)。

そしてこれもタイプレメディに近いと思われるのだけど、
特に今のような変化の多い季節や、
それにともなって、自分から何かを始めなくてはならない決断の時に、
腰の重い私に必要なのがウォルナット

人生の新しい状況に直面し、新たな一歩を踏み出さなければならない時
──毎日が、一瞬一瞬が、そのような時だともいえるのだけど、
特に今がその時、と感じられるので。

だいたいこの3つがしばらくは、はずせないレメディかなぁと
思われるのですが、他に1時的に(だといいのですが…)、
追加したいレメディがいくつかあります。

その一つがレッドチェストナット
たしかに「家族や愛する他人のことがいつも気になって」います!
ただ気にするだけでなく、その心配を具体的に改善する心と行為を持ちたいので。

そして、今、具体的にどうしようかどうか、
二つの選択肢の間で揺れ動いて、どちらにするか決断することができず
迷っていることがあるので、
スクレランサスを追加しておこうと思います。

レメディを選ぶ時は、プロのプラクティショナーか、カウンセラーの助言を聞きながら、
という方も多いかもしれませんが、
もともとバッチフラワーレメディは、自らが自らを癒す自然療法として生まれました。

私も、トリートメントボトルが空っぽになって、
次のボトルを作るときには、レメディの指標を一つずつ読み返したり、
まだ読んでいない、レメディに関する本を読んだりして、
自分の「今」を見つめながら、自分にとって何が必要なのか、
自省する時間を大切にしています。

すると不思議と落ち着いた気持ちになるのです。
この「私は私感覚」、これからも大事にしていこうと思います。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

◆今日の気分はゲンチアナ~♪

またまた久々に、レメディのほうに気持ちが向いてきました。
というのも、昨日、ずっとがんばってきたアロマテラピーの試験が終わったので。
しかし「終わった」といっても、まだ終わりそうにないのが悲しいところ…。

今分かっているだけで、4問もすでに間違えてしまっていて(><)。
これも一言で言えば努力不足、ということになるのだろうけれど、
知識だけを機械的に積み上げようとすることは、
やはり限界があるのかな、と思ったり。
できる人には、できるのでしょうが、私には難しいこと。

再チャレンジの機会を待ちながら、
これからは、実践や幅広い知識を求めて、
しばらくゆっくりとアロマを楽しもう! と思いました(^^)

レメディのほうも、いつも「苦しいときの…」頼みで、
あまり継続して飲用したり、勉強したりしてこなかったので、
効果、という点では今一つ心に落ちてきませんでした。

しかし、最近読み始めた本が、今までになく面白く、
レメディを飲用する以前の考え方としても、やっぱりレメディ的世界は興味深い、
と思っているところです。
(その本は、全部読み終わったらまた、ご紹介しますね)

というわけで?
今朝のレメディの気分は、ゲンチアナ

ゲンチアナ…はっきりとした理由があって起こる失望や落胆から生じる
        内心の疑いや動揺で、どちらかといえば一時的な感情に
        対応するレメディ。
(バッチ国際教育プログラムより引用)

いつものトリートメントボトルに、緊急用にこのゲンチアナを加えて、
しばらく飲用してみます…なんともなさけない自己嫌悪から、
はやく回復したいものです。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

◆新しいレメディでトリートメントボトルを作りました♪

息子の夏休みも終わりに近づき、ほっと一息?の週明けです(^^)

この夏は例年になく暑かったので、
そのことが一番強い印象なのですが、振り返ってみると、
楽しかったこと、ちょっとがんばったことなどもあって、
暑さとともに、いつもより味わい深い夏になったかな、と思います。

もちろん、暑さに負けて、体調がはっきりせず、
だらっとしてしまったこともあったのですが…。
足りない部分は秋への宿題として、
今はよかったことをゆっくりと味わいたいです♪

そんな夏ももう終わりですが、レメディも夏とともに終わりです。
秋へ向けて?新しいトリートメントボトルを作ってみました!


flowerbottle2.jpg

今回選んだレメディは5種類。
ワイルドオート、ラーチ、ウォーターバイオレット、
ウォルナット、スクレランサス。
それぞれのレメディが対応している否定的な感情や性質が、
指標として説明されているので、自分の現在の心を省みながら、
指標を参考に選んでみました。

・ワイルドオート…
 このレメディは、今のところ私の一番大きな課題、
 自分自身に対する不確かさを克服するためにずっと入れています。
 ずいぶんはっきりしてきた部分もあるのですが、
 まだまだ…ということで引き続き。

・ラーチ…
 小さいときから、気は強いのに、何事においても、
 根本のところで自信がもてず、肝心なところで
 一歩引いてしまう性格なので。
 これも引き続きのんでいるレメディです。

・ウォーターバイオレット…
 これも、指標を読んで、自分の性格に近いなと思ったので。
 学校や会社でも、だいたい1人で決めて1人で行動することが
 多く、内気なわけではないけれど、人に心をゆるさないところが
 あって。それが別にいやでもないので、努力もせず(^^;)
 こんな性格でも、プラスになれることなら、と願っています。

・ウォルナット…
 これは自分を励ましたいので入れてみました。
 ワイルドオートの指標とも関連しているのですが、
 人生の新しい状況にふみだす勇気が欲しいので。
 古い習慣や絆を断ち切る勇気も…。

・スクレランサス…
 これは今具体的に、やろうか見送ろうか、
 迷っている問題があるので、入れてみました。

 
今、全体的な気持ちの傾向としては、
旅行でうまくリフレッシュできたので、秋に向けて
静かに上向き、といった感じ。

ただ、理屈ではなく、心の直感の部分を、
もっと鋭敏にしたいな、と思います。
仕事だけでなく、日々の暮らしも、人間関係も、
心に落ちないことは、無理しても上手くいかないように思うのです。

心を大切に、そして、今自分ができることを大切に。
こんな気持ちで秋を迎えたいです(^^)



★女性の心と体を癒す~フラワーレメディの本

★今日は朝からの雨模様が、お昼過ぎてから晴天に変わりました(^^)
 窓の外の緑も、よりいっそう濃くなったようで、爽やかな五月晴れ♪
 
 先月から読んでいたレメディの本を、やっと読み終わりました!
 けっこう長かった…。
 女性の心と体を、フラワーレメディがどんなふうに癒すのか、
 とても具体的に書かれています。


エドワード・バッチ 花が癒す女性の心と体
ジュディ ハワード (1997/06)
中央アート出版社
この商品の詳細を見る

妊娠や出産をはじめとして、女性の心と体は、
一生のうちに大小いくつもの変化にみまわれます。
一月のうちでも、ホルモンの分泌に変化があったり、
仕事や子育てのストレスに翻弄される時期もあります。

この本は、そんな女性特有の体の変化によるストレスや、
心の問題を緩和してくれるレメディについて、
とても具体的に書かれた解説書です。

私は何ヶ月か前に、婦人病の不安をふと感じたり、
生来の冷え性に悩まされていたこともあって、
読んでみて、ずいぶん参考になりました。

冷え性はそう簡単に解消しそうにありませんが、
この本を読むことが、婦人科検診を受診するきっかけになりました!

巻末には、各レメディについての詳しい説明も載っています。
フラワーレメディについてはまったくの初心者、という方には、
ちょっと読みごたえがありすぎ?かもしれませんが、
婦人科系の問題を感じておられる方にはご一読をおすすめします(^^)

テーマ : 草花 - ジャンル : 趣味・実用

★今回はずしたレメディについて

★連休が始まりました!
 今日はぴかぴかのお天気。
 お休みの始まりにふさわしい一日になりました。
 もう、目的地にお出かけになっている方も多いでしょうね。
 いつもながら、無計画なわが家。
 お休みがとれていないわけではないのに、
 メリハリのない連休になりそうで…恐いです(^^;)


 さて、前回服用していて、今回はずしたレメディについて。
 今回はずしたレメディ、それはミムラスです!
 ミムラスは、普段の生活の中での不安や恐怖のためのレメディです。

 その不安や恐怖の対象や原因について、本人が分かっている場合に使われます。
 たとえば、歯医者に行くのが恐い、とか、人前で話すのが不安、など、
 具体的な不安感をやわらげるためのレメディです。
 服用することで、これらの心配事に直面する勇気を与えてくれるといわれています。

 またそのほかにも、だいたいに内気で、何事にも臆病な人にも有効とされています。
 私の場合、まったくこの例通り、歯科と婦人科にかかるのが恐かったので、服用していました。
 ミムラスのおかげかどうか、明言はできませんが、両方とも無事、終えることができました。
 心配事、というにはおおげさですが、きがかりだったことが片付いて、
 今緊急に不安を感じることがなくなったので、服用を中止した次第です。

 ミムラスに関しては、レスキューレメディと同じく、
 また具体的に心配事や恐怖を感じるような出来事があったそのときに、
 追加してもいいのかな、と感じています。

 一ヵ月後、また自分を見つめなおしたら、
 必要なレメディが変わっているかもしれません。
 より穏やかに、しなやかに強い内面性をもちたい、と思っています。

 

★新しいトリートメントボトルを作りました

◆今まで使っていたトリートメントボトルがきれたので、
 この機会に現在の自分の状態を見直して、
 これまでのレメディを少し変えてみました!


まず、最初に必要だと思われたのが、私が現在の自分の問題として一番強く感じている<生き方が定まらない>ということに対応するレメディ(私の「タイプレメディ」といえるかもしれません)として、ワイルドオートです。
<生き方が定まらない>ことに対する罪悪感はだいぶ軽くなったように思うのですが、まだ<仕事>というところまで煮詰まっていっていないので、これはまだまだ手放せないなーと感じています。

次にチコリー。これは何につけても、まずいまひとつ自信のなさを感じてしまうので。自分を必要以上に過小評価しない自分になりたいので。

そして、レッドチェストナット
親のことやら子どものことやら、これも必要以上の不安や心配を緩和するため。

以上が今まで選んでいたレメディ。
さらに今回、クラブアップルオリーブを追加しました!
両方とも、心というよりどちらかといえば体の状態に由来する状態を緩和したかったので。

クラブアップルは、心身のデトックスをイメージして。
オリーブは、全般的な気力・体力不足にカツ?を入れるために…。

専門家に選んでいただいたほうが、
ぴったりのレメディに出会えるのかもしれませんが、
テキストを読みながら自分で選ぶのもまた、
自分を見つめなおすよい機会になっているようで、
実験気分もあり?私にとっては楽しみな時間です。

そういえば、前回入れていたのに、
今回はいれなかったレメディもあります。
直感、というべきなのかもしれませんが、
またその理由などについて、書いてみたいと思います。

★フラワーレメディの本、読みました♪

★久々にフラワー・レメディー関連の本を読みました。
 これは、38種類(+レスキュー・レメディー)の
 バッチフラワーレメディーの、
 具体的な臨床例を主に紹介した解説書です。


remedeli1.jpg
フラワー・レメディー・ハンドブック
―エドワード・バッチ フラワー・セラピーの世界

P.M. チャンセラー (1995/12)
中央アート出版社
この商品の詳細を見る



本文を読んでみると、戦中戦後のちょっと古いデータかな、
という感じですが、「こういう場合にこのレメディ」という
使用例がたくさん紹介されているので、
近い症例がある場合は、かなり参考になるのでは、と思われます。

レメディ別に章立てされているので、
そのレメディの特徴を知るためにも、
よい手引書になるのではないでしょうか。

ただし、レメディを選ぶときはあくまでも一番強く表れている
(感じられる)感情を手がかりにするのが基本なので、
ここで紹介されている例を読んで「この病気には必ずこのレメディ」、
と機械的にあてはまるわけではないのですね…。

かなり多くの例が紹介されているので、
手がかりもまたたくさん得られるでしょう。
必読、という感じではないかもしれませんが、
機会があったら読んでみていただきたい一冊です!
◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック