FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆お相撲のことなど~やっぱり白鵬寄りになってしまう^^;

忙しい方は、ほとんど関心がないでしょうが…
家に居て、お昼などTVをつけていると、
最近、お相撲の話題ばかりですね^^;

ほんとに、いろんな人がいろんな角度から、
それぞれ自分が正論だと思って発言しているのですが、
本当のことは、やはり当事者でないと、分からないのでしょうね…。

なので、自分がどの立場に立つかで、
物事の見方が大きく変わってくるということ、
そして、公平に見ているつもりでも、やはり
最後には自分が「好きか、嫌いか」という感情や
本能的な直感が基準になって、客観的なつもりでも
個人的な世界観や価値観を吐露していることにすぎない
…そんなところだと思うのです。

私は個人的に、あるTV局のコメンテーターの方の観方が
今までとても公平で、真実味があると思っていたのですが、
このお相撲の問題を、この方が話しているのを見て、
いつもは切れ味鋭く、誰の味方もせずに、
中立的な意見を話していたのに、今回に関しては
かなり一方寄りだということが分かって、ちょっとがっかり
してしまいました。

でもそれも考えてみれば、人間なんだから、
自分の視点からしか見れないというのは当たり前で、
私が期待しすぎていたんでしょうね^^

おそらく、その人の関係者で個人的に、一方の相撲関係者に
親しい方がおられるのでしょう。
その人がめずらしく「私が信用している人がそう言っていたから、
正しいと思う」というようなことを言っていて、驚きました@@!

普段は、どんなに他の人がそう言っても、
政治のことなど、自分で直接当事者に取材しない限りは
そういうことを言わない人だったので…ちょっとびっくり。

それほど、このニュース(というより事件)は、それを語る人の
本質を表してしまう、深い問題になっているんだな、と感じています。

なので私がここで書くことも、私個人の、部外者としての
個人的な世界観であり、価値観で、それが公平で
本質的に正しいとは思っていません。
誰に感情移入してみているか、ということだけです。

メディアの人も、せめてそれを自覚したうえで、
個人の責任として話してほしいです。

私は個人的には、「白鵬かわいそう」と感じています。
たしかに、勝ちにこだわったり、自分の領域を超えた発言など
今までの横綱の品格には背く行為や言動が多いと思います。
私はこれまた個人的には、横綱になる前から、
稀勢の里のファンなのですが、以前、稀勢の里が白鵬に勝って、
場内で万歳が起きたときは、非常に不快感を感じました。

なんかみんな、白鵬いじめすぎじゃないですか?
国籍差別が入っているのに、「差別されても仕方ない」
という論調にはビックリします。

だったら、最初から相撲界に入れなきゃいいじゃん。
日本人でも祖父の代から日本人、など明確に条件を付けて
やればいいんじゃないでしょうか。
今までさんざん利用してきたくせに…と思ってしまう。

親方問題にしても、「原則として」日本国籍取得が条件、
なんだから文字通り読めば、例外もあるってことでしょう?
なのにメディアは、一切例外など、今までもこれからも
認められない、というように伝えている。
おかしいでしょ?という人が一人もいない。

白鵬にしてみれば、だったらどうすればいいのか、
教えてほしいよ、というところでしょう。
この相撲界の決まりごとが、日本国憲法に沿ったものか
裁判でも起こさないと、認めてもらえない、ってことでしょうか。

協会も他の部屋の親方も、貴乃花も、
今の白鵬の在り方を否定するなら、白鵬以上の
自分たちが納得できる、強くて品格のある横綱を
生み出してごらんなさいよ、と思いますね…。

それができてないなら、何言っても「は?」でしょう。
事実、生み出せていないのに、なにをエラそうに…
と思ってしまいます。

そもそも、今の日本人に「日本人らしさ」を語れるのか。
たまたま、そこで生まれ育った人が日本人なのか。
日本国籍を取得すれば日本人なのか。
じゃあダブルの人はどう?
カズオ・イシグロみたいな人は?
本人が日本国籍をとりたくても、家族の事情や
国の状況では取得が困難なケースもあるでしょう。
そういう場合、誰が、どんな権限でジャッジするのか。

それにお相撲さんだって労働者。
いくら理事会や親方がいばっても、
じゃあ、今いる関取がみんなやめたり、
ストライキしたりしたらどうすんの?
相撲界、つぶれますよ。

上の人に問題があるから、安心して働けない、
と物申すことは、労働者としての権利だと思うので、
白鵬が貴乃花に対して口にしたことは、
労働者としてあたりまえのことだと、私などは思う。
本当にそうかどうかは、そういう声が上がった時点で
公平な手続きで調べればよいことだと思う。

それも「ありえない」と発言していた相撲関係者がいたけど、
だったら、お相撲さんは奴隷契約で働いているのか、と思う。
上が横綱をいじめるから、横綱が下をいじめたんじゃないのか。
暴力を振るわれた人間が、今度は加害者になる…
そういうことはありえなくないのではないか…。
そういうことを言うコメンテーターはいませんね。

一番大切なのは、現役のお相撲さんでしょ、と思う。
彼らがいかに安心して心おきなく相撲がとれるのか、
それが一番なんじゃないかと思う。

他国籍がだめなら、最初から、
「いくら強くなっても、日本国籍とらなきゃ、
 何があっても絶対に親方にはなれないし、
 強くなっても、日本出身力士みたいに
 みんなから好かれたり、応援されたりしないよ」
と言ってから勧誘してほしい。

でも、せっかく白鵬がヒール横綱になってくれているんだから、
この機会を活かして、協会や親方が望むような「正統な」横綱を早く出したら?
と思う。それができない原因を作っているのも、
今白鵬を批判している側なのだから仕方ないか。

ルール違反なら、きちんとルールに則して
処分すべきなのだから、白鵬も処分したらよいのに、と思う。
そうしないのは、白鵬を処分したら、
「じゃあこっちももっと言わせてもらうよ!」と白鵬側から、
もっと協会にとって明らかにされたくない事柄が
表にでるのが怖いのかな?

ほんとうにルール違反なら、きっちり処分すればいいだけ。
貴乃花も、診断書を出さない、報告をしない、など
協会のルールを守れない人が理事やってるんだな~とだけ
私など思っています。元横綱の美しさも感じません。
誤解なら、それをきちんと言葉で表明すべき。
相撲界人である前に、社会人なのだし、人間なのだから。
何でもかんでも沈黙してればよいというものでもないかと。

ほんとに沈黙するなら、後援会や身内にも、
沈黙を貫くべきだと思うのですが、
そっちには、けっこうしゃべっているんですね…@@!
この中途半端さも気持ちが悪い。

私は決してお相撲が好きなわけでも、
白鵬のファンでもないけれど、なんか…今のところ、
一番正直に率直に言葉や行動で自分を出している人間が
一番叩かれているのがフェアじゃないように感じています。

もっとみんな堂々と、公の席で、自分の考えや
価値観を、現役の時と同様に、ガチンコ相撲で
闘わせてほしい。

睨み合っていても、見苦しいだけ。
早く終わらせて、次に行ってほしいです。



にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

◆日々の暮らしを見直したい方へのおススメ本

40代、50代へと年齢が進み、自身の心身の状態が変わり、
家族構成も変化してくると、否が応でも?
日々の暮らしのあれこれを変えていくことになりますね^^;

わが家も、この春、息子が県外の学校へ進学し、
夫とまた二人暮らしになって、いろいろな変化が
必要になりました。

なので、以前から好きではあったのですが、
最近とみに暮らしの本を手に取るようになりました。
先日読み終わったのも、そんなライフブックの一冊です↓


『フィットする暮らし』

これは、東京国立市にある人気雑貨店、
「北欧、暮らしの道具店」の店長・佐藤友子さんの
暮らしを紹介したライフブックです。

店舗で扱っている雑貨やインテリアが直接紹介
されているわけではなく、佐藤さんご本人の具体的な
暮らしの中で、インテリアや雑貨がどのように
活用されているのか、そして、それらのモノを使っている
佐藤さんのテイスト、仕事に対する考え方、そして
生き方にまで踏み込んだ一冊です。

全体が3章に分かれていて、
第1章はインテリアについて、
第2章は家事やプライベートライフについて
そして第3章では、自分にフィットする仕事と
どんなふうに出会い、働き続けているのか
そのエッセンスが語られています。

ここで語られていることの中心にあるキーワードは
本の標題にもなっている「フィットする暮らし」という
言葉。

この言葉には、人それぞれ、暮らしに対して、また生き方に
対して様々な物差し、価値観があり、その自分自身の
基準にしたがって、自分の「フィットする暮らし」を
実現することが、本当の心地よさなのではないか、
という気持ちが込められています。

本の中で紹介されている、佐藤さん自身の
「フィットする暮らし」の形と、それを支えるテイストと
スピリットを見る(読む)ことで、読者はきっと
自分自身の「フィットする暮らし」を探したくなると思います^^

私の場合、一番の感想としては
「もうちょっと、30代、40代のときに、もっと本気で
 がむしゃらに一生の仕事と向き合うべきだった」
という後悔です…><;

でもこの本を読んで、まだあきらめてはいけない、
と思いました^^
結果がどうであれ、その過程をワクワクしながら
歩いてゆける…そんな生き方・暮らし方を
求めていきたいものですね。

自分の、そして家族のこれからの暮らしの
エッセンスを探したい、確認したい方へ
そして北欧インテリアや雑貨が好きな方へ
おススメの一冊です。

「北欧、暮らしの道具店」のサイトの方も、
読み物があったり、料理やクラフトのページが
あったりと、見るだけでも楽しいページです↓

「北欧、暮らしの道具店」ホームページ


テーマ : 北欧インテリア・雑貨 - ジャンル : ライフ

タグ : ライフスタイル

◆久々に二コマがんばった…

台風が近づいているということもあって、
今日は一日曇り空。
雨はまだ降らないし、風もふいてないのに、
お昼頃、早々に明日は中学校が休校、
ということでスクールメールが回ってきた!

わが家は学校から近いので、相当なことがない限り、
大丈夫だと思うのですが…自転車通学の人もいるので、
大事をとって…ということでしょうね。

明後日は学力テストなので、休みになっても
遊びほうけるわけにはいかないでしょう…たぶん^^;

今日は昨夜そんなに早く寝れなかったのに、
比較的すっきりと起きれました^^
歯の治療したところの痛みもなく…。

午前中はアロマのことなど。
午後は久しぶりに子どもの本の資料を読む。
久々にじっくりとりくめてよかった。

夕方は買い物。
飲み会の予定だった夫が、台風のために早帰りになり、
急遽、夕食が必要に><;

とはいえ牛丼で手抜き夕食~^^;;
夜はちょっとネットサーフィン(死語?)に時間をとられ、
じっくりと読書などできなかった…反省><;

明日はあまり台風の影響がありませんように。。。


テーマ : 児童文学・童話・絵本 - ジャンル : 小説・文学

◆プロフィール

アロマキ

Author:アロマキ


シニアライフの毎日の心のお天気を、思いつくまま感じるままにつづっています。
みなさんの毎日が、ほっこり楽しいものになりますように…♪

◆calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
◆ブログ内検索
◆カテゴリー
◆最近の記事
◆月別アーカイブ
◆最近のコメント
◆最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。